山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 醸造微生物実験
時間割番号 LFS331
担当教員名 柳田 藤寿/岸本 宗和/乙黒 美彩
開講学期・曜日・時限 前期・月/火/水・III-IV/III-IV/III-IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
醸造微生物を研究室で取り扱うための基本的な操作法(培地調整法、形態観察法、培養法、遺伝子解析法)を学習し、各自が微生物、機器・器具の取り扱いに習熟できるよう実験をおこなう。得られた実験結果は文献と比較考察しレポートにまとめる
<到達目標>
1)微生物の取扱い方法を習熟する
2)微生物発酵理論を理解する
3)微生物の分離・分類方法を習得する
<授業の方法>
毎回の実験において、方法や理論を解説した後に班ごとに分かれて実験を行う
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %実験目的および原理についての基本的理解度を評価する。 
2受講態度 50  %実験ノートの記述内容を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
実験では必ず白衣を着用する事
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:オリエンテーション(安全、実験の全体および各項目の説明)
第2回:実験準備(器具の取り扱い、試薬の調整、機器の取り扱い、滅菌方法)
第3回:培地の調製(各種培地の作成)
第4回:微生物の接種・培養(微生物の接種、各種培養方法、コロニーの形態観察)
第5回:微生物の顕微鏡観察(顕微鏡の取り扱い、形態観察、大きさの測定)
第6回:微生物の染色と顕微鏡観察(胞子の染色、グラム染色)
第7回:微生物の菌数測定(希釈方法、菌数測定)
第8回:乳酸菌の発酵による成分変化(マロラクティック発酵)
第9回:乳製品からの微生物の分離(乳酸菌の分離と簡易同定)
第10回:微生物の生産する抗菌物質(抗菌活性の検出)
第11回:酵母の発酵による成分変化(比重,糖分,エタノール濃度の測定)
第12回:酵母の分離(ブドウ果汁他)
第13回:酵母のDNAの調製(DNAの抽出・精製)
第14回:ゲノム情報に基づく酵母の分類(PCR,制限酵素処理,電気泳動,他)
15.評価:総括・まとめ