山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 機能成分学
時間割番号 LFS311
担当教員名 久本 雅嗣
開講学期・曜日・時限 前期・火・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
食品にどのような成分が含まれ、どのような特性や機能を持っているのか体系的に学ぶ。特に食品成分に関する化学や成分変化、栄養成分や嗜好性成分などの機能性成分に重点を置く。
<到達目標>
食品の成分や機能などについて基礎的な知識を身につき、食品を科学的根拠に基づいて論ずることができる。
<授業の方法>
講義と小テストが中心となる。
基礎となる化学、生物学の基本事項を確認しながら、講義で理解不十分なところは適宜課題を課すことにより、知識と理論の活用を図る。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 25  %理解度のみならず、思考力を評価する。 
2試験:中間期 25  %理解度のみならず、思考力を評価する。 
3小テスト/レポート 50  %基本事項を確認するため、適宜小テストを課し、評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
2回目の授業から指定の教科書を使用しますので、各自必ず用意して下さい。
<テキスト>
  1. 久保田紀久枝/森光康次郎, 食品学―食品成分と機能性 (新スタンダード栄養・食物シリーズ), 東京化学同人, ISBN:978-4807916658
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回 食品に関するトピック
第2回 食品中の水
第3回 糖質の性質と機能性
第4回 食品中のタンパク質
第5回 脂質の性質と機能性
第6回 ビタミンの性質と機能性
第7回 ミネラルの性質と機能性
第8回 食品に含まれる色素成分と呈味成分
第9回 味覚の基本的性質と感知機構
第10回 食品に含まれる香気成分
第11回 食品に含まれる有害成分
第12回 酸化と劣化とその制御
第13回 食品成分の変化
第14回 食品中の三次機能成分
第15回 まとめ