山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 基礎栄養学
時間割番号 LFS227
担当教員名 望月 和樹/針谷 夏代
開講学期・曜日・時限 後期・木・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
栄養の基本的概念、食品成分の栄養素としての役割、栄養素の代謝とその生理的意義を、代謝における各臓器の特徴や各臓器間の連携に焦点を当てながら学習する。さらに、人間の個体レベルでの栄養現象を、摂食行動から消化・吸収、栄養素の体内運搬および器官レベルの代謝の全体像まで体系づけて学習する。加えて、栄養と代謝性疾患の発症との関連を学習する。
<到達目標>
栄養学の観点から食品を考え、「食」について総合的に考える力をつけることを目標とする。
<授業の方法>
講義
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %一定以上の出席者のみに試験を行う。理解度と応用力を評価するために記述式試験を行う。講義内容の基本的理解度を評価する。 
2小テスト/レポート 20  %習熟度を見る小テストを行う。 
3受講態度 30  %小テスト、質問への返答によって評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
食物科学入門を受講すること。
<テキスト>
  1. 田地 陽一編, 基礎栄養学 改訂第2版 (栄養科学イラストレイテッド), 羊土社, ISBN:978-4758108782
  2. 栢下 淳, 上西 一弘 編, 応用栄養学 (栄養科学イラストレイテッド), 羊土社, ISBN:978-4758108775
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:栄養の概念  
栄養の定義、栄養と健康・疾患、栄養素の種類

第2回:食物の摂取とその調節  
空腹感と食欲、摂食中枢と満腹中枢、摂食調節

第3回:消化・吸収の基本概念  
消化管の自律性、消化管ホルモン、管腔内消化

第4回:栄養素の膜消化・吸収  
小腸における消化と吸収、栄養素別の消化・吸収

第5回:栄養素の機能と代謝の原理  
栄養素の体内動態、臓器ごとの代謝の特徴

第6回:糖質の体内代謝、血糖とその調節、食後の代謝調節1

第7回:糖質の体内代謝、血糖とその調節、食後の代謝調節2

第8回:脂質の体内代謝、脂質の臓器間輸送、コレステロール代謝1

第9回:脂質の体内代謝、脂質の臓器間輸送、コレステロール代謝2

第10回:タンパク質の体内代謝と栄養価、アミノ酸の臓器間輸送1

第11回:タンパク質の体内代謝と栄養価、アミノ酸の臓器間輸送2

第12回: 脂溶性ビタミンの代謝と機能

第13回:水溶性ビタミンの代謝と機能

第14回:無機質の栄養  

第15回:まとめ