山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 食品成分分析学
時間割番号 LFS211
担当教員名 奥田  徹
開講学期・曜日・時限 前期・水・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
食品には非常に多くの化合物が含まれ、加工などで生じる変化は、非常に複雑である。その上、遺伝子組換えや様々な疾病、新しい機能性化合物に関する情報が氾濫し、食品に対する理解を難しくしている。本講義では、食品を化学的・物理的に考え「成分」、「分類」、「反応」、「機能」について学ぶ。これらの学習から食品を科学的に理解し、分子レベルでの様々な反応について理解する。
<到達目標>
食品成分の分析を通して、食品中での各種化合物の役割を確認し、他成分との反応や機能を分子のレベルで理解する。分析の基礎的な考えを理解する。
<授業の方法>
講義:板書を中心として授業をすすめPCも活用する。必要に応じてテキストを配布する。板書を写す時間を取り、その後、説明をする。また、計算問題なども適宜出題する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 80  %理解度と応用力を評価するために記述式試験を行う。講義内容の基本的理解度を評価する。 
2小テスト/レポート 20  %習熟度を見る小テストを行う。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
高校の化学・生物の知識が必要である。
計算等も重要で、論理的に考える必要性がある。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 中山広樹, バイオ実験イラストレイテッド 第1巻 分子生物学実験の基礎, 秀潤社, ISBN:4-87962-148-X
  2. 藤本健史郎ら, 健康から見た基礎食品学, アイ・ケイコーポレーション, ISBN:978-4-87492-182
<授業計画の概要>
第1回: 複雑系の理解
食品には様々な化合物が存在し、互いに色々な関係を持つ複雑系であることを理解する。

第2回: 分析の基礎
分析の種類、重要性を理解する。

第3回: 計算と有効数字
モルなど重要な用語を復習し化学計算の考え方の基礎を理解する。

第4回: 機器の理解
天秤の原理と使用法ついて理解する。

第5回:機器の理解2
pHメーターの構造と測定原理を学ぶ。

第6回:機器の理解3
分光分析の基礎と吸収について理解する。

第7回:機器の理解4
分光光度計の仕組みと分析上の注意を理解する。

第8回:クロマトグラフィー1
クロマトグラフィーの基本原理を学ぶ。

第9回: クロマトグラフィー2
SPMEなど分画手法について学ぶ。

第10回:クロマトグラフィー3
ゲルろ過、HPLCなど一般的なクロマトグラフィーを学ぶ。

第11回:酵素の利用1
酵素の基本的な構造と反応について学ぶ。

第12回:酵素の利用2
酵素の反応解析法を学ぶ。親和性や阻害機構の解明法などを理解する。

第13回:酵素の利用3
具体的な酵素を利用した分析法について計算も交えて学ぶ。

第14回:具体的な分析手法の理解
検量線の意味や使い方、物質量、濃度などの考え方の基礎を考える。

第15回:評価・総括・まとめ
これまでの講義内容をまとめ、内容の理解度を評価する。