山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 科学英語演習I
時間割番号 LEV380
担当教員名 西田  継/竹内  智/坂本  康/小林  拓/御園生 拓/石平  博
開講学期・曜日・時限 前期・水・IV 単位数 1
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
科学英語演習II-IVにおける英文講読 (英語論文や専門書) への導入科目として、科学英
語の読み書きに関する基礎を学習する。
<到達目標>
初級科学英語の読解力を身につけることを目標とする。
<授業の方法>
・学生を少人数グループ (5〜6名×6班) に分け、演習を行う。
・各グループは、3人の教員のもとで4回ずつ、計12回のグループ演習に取り組む。
・グループ演習では、テキストの中から教員が指定した英文トピックを全員で講読する。文法や周辺知識などもあわせて習得する。1回の演習につき、1〜2トピックを扱うペースで進める。
・4回のグループ演習中に、各教員が小テストなどにより学生の理解度を評価する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 30  %各教員が実施する小テスト等により、グループ演習毎に理解度を評価する(合計3回)。テスト1回分の満点は10点とする。 
2受講態度 70  %出席と学習態度を評価する。全ての演習に出席することを義務とする。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
  1. 大木勇人ほか, 読める!分かる!!面白い!!! カガク英語ドリル, シーエムシー, ISBN:9784781300580,
    (※必要に応じて、テキストは変更される可能性があります。その際には、別途お知らせいたします。)
<参考書>
  1. 日経サイエンス編集部, 日経サイエンスで鍛える科学英語, 日本経済新聞出版社, ISBN:9784532520656
  2. 林 功, アメリカの中学教科書で英語を学ぶ, ベレ出版, ISBN:9784860640422
<授業計画の概要>
第1回: ガイダンス (演習の説明とグループ分け)
第2〜5回: グループ演習1
第6〜9回: グループ演習2
第10〜13回: グループ演習3
第14〜15回: 予備日