山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 環境分析化学II
時間割番号 LEV341
担当教員名 風間 ふたば
開講学期・曜日・時限 前期・金・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
環境の実態は種々のデータによって具体的に表される。したがって環境管理やマネージメントを行う場合、その測定値に関する正しい理解が不可欠であり、そのためには自分の手で分析をおこなった経験をもつことが重要である。本講義はそのために必要な基礎知識を習得する講義であると位置づけている。分析化学の基礎を理解するとともに、環境分析に多用されている分析手法の理解も深める。またいくつかの調査事例をもとに、調査データが何を示しているか考察する面白さを知る。これは調査計画を立案することにつながる。
<到達目標>
環境分析によく用いられる分析方法が理解でき、自分一人でも分析ができるような基礎知識を身に着ける。
そのために、分析化学の基礎が理解できる。
環境調査結果を読み取り、データの示す意味を理解できるようになる。
<授業の方法>
講義
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %到達目標に示した項目に対する基本的理解度 
2試験:中間期 30  %これまでの講義内容についての知識の定着を問う 
3小テスト/レポート 10  %課題に対してどのように整理しまとめることができているか 
4受講態度 10  %授業中の質問に対する回答状況など 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
  1. 井村久則・樋上照夫, 基礎から学ぶ機器分析化学, 化学同人, ISBN:978-4-7598-1808-6
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
 1 環境分析化学の基礎概念 
 2 容量分析
 3  容量分析を用いた環境分析
5   比色分析とこれを用いた環境分析
 6-7 野外調査の実際と調査事例  
 8   これまでの復習と試験:中間期
 9   無機汚染物質の検出と測定の意味
10-12 クロマトグラフィ―
13 前処理
 14   クロマトグラフィーを用いた環境分析
 15   これまでの復習と試験:期末期
 
本講義では、環境計測実習の化学分野の理解を助けるための講義も行う。