山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 水圏科学
時間割番号 LEV230
担当教員名 西田  継
開講学期・曜日・時限 後期・水・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
地球上を循環し、豊かな生態系の維持や人間活動に不可欠な水について学ぶ。「地球環境科学」で学んだ知識を基礎として、「水循環学」、「大気環境科学」、「微生物生態学」、「土壌科学」などで得た知識を活用する。降水、地下水、河川水、湖沼水、海水それぞれの水質形成の機構を知るきっかけを掴み、これらの水質への人間活動による影響についても理解を深める。特に、水の性質、相平衡、酸塩基平衡、酸化還元反応を応用して、自然界の反応と共に、有機汚濁、富栄養化、金属汚染などの原理についても、演習を交えて学習する。この知識の一部は、「環境分析学」、「環境影響評価」、「環境計測実習」および「環境アセスメント実習」に生かされる。
<到達目標>
1.水圏環境の定義と概要を説明できる。
2.水分子の物理的性質の特徴を説明できる。
3.水圏が関わる代表的な二相平衡および三相平衡を理解し、環境問題との関係を説明できる。
4.水圏で起こる代表的な酸・塩基反応を理解し、環境問題との関係を説明できる。
5.水圏で起こる代表的な酸化還元反応を理解し、環境問題との関係を説明できる。
6.環境影響評価に有効な水質指標の特徴を説明できる。
<授業の方法>
講義
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %後半の講義内容に関する知識の定着を問う 
2試験:中間期 50  %前半の講義内容に関する知識の定着を問う 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
・幅広い分野を扱うことで自然現象の理解を深めるようにする。
・講義では基本事項を板書し、内容を補足する資料を紙で配布する。
・講義中に簡単な演習問題を解かせ、考え方を体得できるように心がける。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. アンドリューズ他, 地球環境化学入門−改訂版, シュプリンガー・フェアラーク東京, ISBN:4431711112
  2. Baird, Environmental Chemistry, Freeman, ISBN:0716748770
  3. 武田育郎, 水と水質環境の基礎知識, オーム社, ISBN:274024628
  4. 浦瀬太郎, 明解 水質環境学, プレアデス出版, ISBN:9784903814414
<授業計画の概要>
1.序論
 水圏環境の位置づけと定義
2.水の性質
 水分子の物理的特徴
3.水質指標
 最も基本的な水質、健康関連項目と生活環境項目
4.水質指標
 法規制、有機性汚濁
5.水質指標
 富栄養化、栄養元素の形態
6.演習
 問題解答を通した前半の復習、先端研究の実例
7.中間評価
 中間総括
8.環境化学の基本法則
9.相平衡
 気体・固体の溶解
10.酸・塩基反応
 酸・塩基の基礎、二相の炭酸平衡
11.酸・塩基反応
 三相の炭酸平衡
12.酸化還元反応
 酸化数、酸化還元電位
13.酸化還元反応
 生物学的・非生物学的な酸化還元反応
14.演習
 問題解答を通した後半の復習
15.評価
 総括・まとめ