山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 生命工学卒業論文
時間割番号 LBT449
担当教員名 生命工学科教員
開講学期・曜日・時限 通期・(未登録)・(未登録) 単位数 6
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
生命工学科の卒業論文は、指導教員のもとに配属後、3年次までに学習した内容を基礎として、指導教員の教育・研究理念に基づいたテーマに沿って行う。テーマの理解、実験方法の検討や開発、得られた結果の考察および文献調査などを通し、将来、広い分野で対応可能な考え方と実践力を養う。また、研究室における研究活動を通して、自分の立場の理解や人間関係の大切さを学ぶ。
<到達目標>
(1)自分に与えられたテーマに対応した考え、行動ができる。
(2)文献調査などを通して、必要情報の取得と情報の取捨選択および英文読解ができ
   る。
(3)生命工学に関する基本的な実験方法を身につけることができる。
(4)得られた結果を推敲しながら、次なる目標に向かってチャレンジ、努力することが
   できる。
(5)コンピューターによるデータ処理や図表作成ができる。
(6)レポート、論文の作成ができる。
<授業の方法>
配属研究室ごとに卒論テーマに関する実験を行う。
実験計画及び実験結果についてゼミ形式で討論する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 25  %実験結果の報告書を評価する 
2受講態度 50  %主体的に実験取り組み、積極的に討論に参加しているかを評価する 
3発表/表現等 25  %ゼミ発表等のプレゼンテーション内容を評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
日常的に卒業論文に関する事項を総合的に指導します。
○ 文献調査、実験計画
○ 実験の実施
○ 実験結果の報告、討論
○ 関連学会への参加
○ 関連する講演会への出席
○ 関連する研究グループ等の討論
○ 卒業論文の作成、発表