山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 科学英語演習II
時間割番号 LBT444
担当教員名 生命工学科教員
開講学期・曜日・時限 後期・金・V 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
学術成果は、英語で発表されることが多い。したがって、英語でのプレゼンテーションに習熟することは、今後国際的な場で活躍していく上で必要なことである。本演習では、英語の読解力に加えて、口頭発表における図の説明、ポスターや英語論文の作成に役立つ英語表現を学習する。また、プレゼンテーションスキルを向上させる。
<到達目標>
研究内容を英語でスライドにまとめ、英語で発表できるようにする。
<授業の方法>
研究室ごとにゼミ形式で行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 25  %プレゼンテーション原稿を評価する 
2受講態度 50  %積極性を評価する 
3発表/表現等 25  %発表及び討論内容を評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1. プレゼンテーション概論、口頭発表、ポスター発表の注意事項
2. スライド作成におけるPCソフトの使い方、作成方法(1)
3. ポスター作成におけるPCソフトの使い方、作成方法(2)
4. 英語プレゼンテーションの技術(1)
5. 英語プレゼンテーションの技術(2)
6. 英語プレゼンテーションの技術(3)
7. 卒論の実験データを英語でまとめ、英語で発表する(プログレスレポート1)
8. 卒論の実験データを英語でまとめ、英語で発表する(プログレスレポート2)
9. 卒論の実験データを英語でまとめ、英語で発表する(プログレスレポート3)
10. 卒論の実験データを英語でまとめ、英語で発表する(プログレスレポート4)
11. 卒論の実験データを英語でまとめ、英語で発表する(プログレスレポート5)
12. 卒論の実験データを英語でまとめ、英語で発表する(プログレスレポート6)
13. 卒論発表練習(1)
14. 卒論発表練習(2)
15. 卒論発表練習(3)