山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 生化学I
時間割番号 LBT211
担当教員名 川上 隆史
開講学期・曜日・時限 前期・金・IV 単位数 2
<対象学生>
生命工学科2年次生
地域食物科学科2年次生
<授業の目的および概要>
基礎生化学(1年次後期)の学習内容を前提とし、酵素や代謝など生化学において重要な反応を学ぶ。
<到達目標>
DNA、RNA、アミノ酸、タンパク質、糖、脂質、酵素、シグナル伝達、代謝の基本を理解する。
<授業の方法>
講義、演習、レポート。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %講義全体の習得度 
2小テスト/レポート 30  %授業内容の理解度 
3受講態度 30  %積極性を評価する 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
ヴォート基礎生化学を使って、基礎生化学(1年次後期)の内容を復習しておくことが望ましい。
<テキスト>
  1. 田宮ら, ヴォート基礎生化学 第4版, 東京化学同人
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:DNAとRNA
第2回:アミノ酸とタンパク質
第3回:単糖と多糖
第4回:脂質と生体膜
第5回:膜輸送
第6回:酵素触媒
第7回:酵素の反応速度論
第8回:酵素の阻害、調節
第9回:シグナル伝達の生化学(ホルモン)
第10回:シグナル伝達の生化学(受容体チロシンキナーゼ)
第11回:代謝
第12回:DNA:複製
第13回:転写
第14回:翻訳
第15回:総括、試験