山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 生物分析化学
時間割番号 LBT102
担当教員名 小久保 晋
開講学期・曜日・時限 後期・水・III 単位数 2
<対象学生>
1年次生
<授業の目的および概要>
分析化学の理論は正確な分析値によって築き上げられ、正しい分析操作が要求される。講義では定量分析の基礎となる、試料調製や器具の操作、分析データ取扱い、化学平衡等について学ぶ。また重量分析ならびに容量分析である各種滴定について学習する。さらに物質の分離・精製に有効な分配反応について学ぶとともに、基本的な機器分析(分光光度法)について学習する。
<到達目標>
正確な分析データを得るための理論と分析技術を習得することを目標とする。
1)分析化学の基礎や化学平衡について理解できる。
2)重量分析と容量分析について理解できる。
3)酸塩基滴定やキレート滴定、沈殿滴定、酸化還元滴定について理解できる。
4)分配反応やクロマトグラフィーの原理を理解できる。
5)機器分析法の基礎を学ぶことができる。
<授業の方法>
講義の時間に質問をして理解度を高める。演習問題を課して理解を深める。分析化学の基礎概念および原理をわかりやすく説明する。機器分析の原理・測定の実際についてわかりやすく講義する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %講義の理解力および応用力を問う。 
2試験:中間期 40  %講義の理解力および応用力を問う。 
3受講態度 20  %演習問題に対する予習・復習、疑問点への質問等を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
高校化学の理解および復習をしておくこと。
<テキスト>
  1. 宗林由樹, 向井浩, 基礎 分析化学, サイエンス社, ISBN:9784781911557
<参考書>
  1. 綿抜邦彦, 分析化学 [新訂版], サイエンス社, ISBN:4781909035
<授業計画の概要>
第1回:定量分析の基礎(分析化学の定義、基本的な器具と操作、分析データの取扱い)
第2回:分析化学における化学平衡(平衡定数、共通イオン効果、活量、容量分析の原理)
第3回:酸塩基反応(酸塩基理論、pH、緩衝液、分率)
第4回:酸塩基滴定(中和滴定、酸塩基指示薬)
第5回:錯生成反応(配位子と錯体、生成定数、錯体の安定度を支配する要因)
第6回:キレート滴定(EDTA、金属指示薬)
第7回:沈殿反応(溶解度積、溶液組成による変化、系統的定性分析)
第8回:評価(中間試験等)
第9回:重量分析(重量分析の手順、均一沈殿法)
第10回:沈殿滴定(滴定剤と反応する指示薬、吸着指示薬)
第11回:酸化還元反応(電気化学セル、酸化還元電位、ネルンストの式、平衡電位と平衡定数)
第12回:酸化還元滴定(滴定曲線、ヨウ素を利用する酸化還元滴定)
第13回:分配反応(溶媒抽出、クロマトグラフィー、イオン交換、pHガラス電極)
第14回:機器分析(分光光度計)
第15回:総括・評価(定期試験等)