山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 音楽史II
時間割番号 EEU342
担当教員名 グローマー.G.
開講学期・曜日・時限 前期・月・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
「音楽史I」では、免許法施行規則にのって、西洋音楽史などについてを学ぶことができた。本授業には「音楽史I」を履修していることが望ましい。履修者の興味を入口として、主として西洋音楽史の諸問題を取り上げる。ゼミナール方式で、自ら学ぶ方法を身につけさせたい。卒業論文において、音楽学分野のテーマを志望している者は受講すること。
<到達目標>
短時間に多くの内容を勉強することは、本来不可能である。それを補う意味で、疑問や興味を持ったことを、自ら調べる姿勢を身につける。
<授業の方法>
実技で学んでいる楽曲等をヒントに、各自が興味、疑問をもっている点を浮き彫りにする。その後問題解決のための調査方法、文献の探し方、メモのとり方、発表の仕方等に関して、主として対話方式で授業を進める。それらを通して、音楽史に関する基本的かつ常識的知識全般を会得させる。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %時々の口頭発表、少レポート、期末の課題等を誠実に行う。 
2受講態度 50  %遅刻、欠席をせず、課題に対してきちんと準備すること。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
自ら学ぶ姿勢なくして、興味や問題を見出すことは難しい。少しずつでも、着実に文献にあたりきちんと出席すること。時々課題を出しそれについて発表させる。
<テキスト>
  1. はじめての音楽史, 音楽之友社, ISBN:4276110106
<参考書>
  1. 西洋音楽の歴史, 東京書籍, ISBN:4487792444
  2. 新西洋音楽史(上中下), 音楽之友社, ISBN:4276112125&33&41
  3. 新音楽史, 東海大学出版会, ISBN:4486013972
<授業計画の概要>
1.ガイダンスー各自の興味を引き出す
2.音楽史の基本的文献の紹介
3.文献の検索の仕方、図書館の使用法等
4.各自の取り組みたいテーマを提出させる
5.提出されたテーマのもつ問題についての対話
6.テーマに関わる文献を調査、発表させる
7.テーマに関する研究開始
8.各自が調べたことを発表し、それに対してコメントを与える
9.上記に同様
10.上記に同様
11. 上記に同様
12. 調べたことを、文章化するにあたっての、留意点の説明
13. 短文を書かせ、コメントを与える
14. 前回に添削したものを、再度点検する
15.総括、レポート提出に対する打ち合わせ