山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本伝統音楽研究
時間割番号 EEU244
担当教員名 グローマー.G.
開講学期・曜日・時限 後期・火・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
奈良・平安期の時代から現代に至るまで、日本に伝承されている音楽を概観する。また伝承の際生じた変化やその道程で失われてしまったもの、伝承の挫折の原因などにも言及する。その後特に近世邦楽、新作の試み、伝統芸の復元にまつわる問題などに注意を喚起する。
<到達目標>
日本伝統音楽に対する理解。
<授業の方法>
講義中心であるが、聴覚資料(CDなど)で主な曲を聴いてゆく。学期後半は、受講者それぞれ研究発表を行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1受講態度 50  %出席 
2発表/表現等 50  %学生が撰んだ課題(ジャンルなど)の研究、授業中の口頭発表 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
ただ出席するのではなく、学生の能動的な参加を希望します。
<テキスト>
  1. ISBN:4276110106
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.授業の紹介
2.日本の伝統音楽とはなにか
3.日本音楽史概要(その一)
4.日本音楽史概要(その二)
5.日本伝統音楽の音階
6.古代の音楽
7.平安時代の音楽
8.中世の音楽
9.近世の音楽
10.日本の現代音楽と伝統音楽
11. 受講者個別研究発表
12. 受講者個別研究発表
13. 受講者個別研究発表
14. 受講者個別研究発表
15. まとめ