山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 論理回路実習
時間割番号 EET256
担当教員名 山際 基
開講学期・曜日・時限 後期・木・II 単位数 1
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
「論理回路」で得たコンピュータや制御で利用される基本的な論理回路の設計製作実習を行なう。又、コンピュータを用い、作成回路の計測及び制御実習も併せて行ない、外部機器制御の基礎となる I/O やインターフェイス等の理解を深める。
<到達目標>
論理素子を用いた回路が自作できる。
<授業の方法>
実験方法、課題はプリントにて配布する。簡単に説明したあと、各自自主的に取組む。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 80  %テーマごとにレポート提出。 
2受講態度 20  %遅刻厳禁。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
「情報概論I・II、論理回路、電気基礎実習、電子工学実習」を受講済であること。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1. 基本論理ゲート(IC)の動作確認
2〜3. 基本論理ゲートを用いた簡単なロジック回路の作成   
4〜5. フリップフロップを用いた順序回路の作成
6. カウンタの作成
7〜8. A-D、D-Aコンバータの作成
9〜13.FPGAを用いた実装
14〜15. 課題の実装、プレゼン