山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 地誌学
時間割番号 EES212
担当教員名 尾藤 章雄
開講学期・曜日・時限 後期・月・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
 地理学の1つの分野となっている地誌学的な地域の見方、考え方について、実際に地域トピックを取り挙げ,山梨県内の小地域の調査を計画・立案することを通して、地域性をいかに明らかにしていくかについての手順を理解する。
※ 本授業科目は、「COCコース別専門科目」である。
<到達目標>
地域を分析する調査手法の基礎的な枠組みを理解する。まちづくり、まちおこし、地域問題などに資する場所を対象地域として選定し、数名のグループごとに実際に調査を行って、レポートをまとめる。
<授業の方法>
各グループの都合に合わせて地域調査を行い、授業時間にはその報告と今後の調査内容についての指導を受ける。受講生3-4名でグループを作り、調査結果を分析した後、地域性が明らかになるようなプレゼンテーションを行える力を養成する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %地域調査の着眼点を評価する。 
2受講態度 20  %調査への積極性、報告内容を評価する。 
3発表/表現等 10  %調査結果の分析・検討・プレゼン内容を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業時間外に野外での調査を伴うことがある。地理分野に興味があり、野外調査に積極的な学生なら、コース・学年を問わず歓迎する。
<テキスト>
  1. 社会調査ハンドブック, 日本経済新聞社, ISBN:4532087961
  2. 竹内裕一・加賀美雅弘, 身近な地域を調べる。, 古今書院, ISBN:4772214593
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1回 地誌学的な研究と地域調査
2回 地域調査の分類
3回 地域調査の流れ
4回 調査方法と基礎的知識
5回 土地利用調査
6回 統計調査
7回 人口移動の調査
8回 交通量調査
9回 河川地形の調査
10回 山岳地形の調査
11回 調査のとりまとめと発表
12回 調査のとりまとめと発表
13回 調査報告書の作成手順 
14回 調査結果の公表
15回 総括評価・まとめ