山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 西洋史
時間割番号 EES207
担当教員名 皆川 卓
開講学期・曜日・時限 前期・木・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
記号的なカタカナ情報の氾濫のゆえに、社会科教育で様々な問題の温床となっている西洋近世・近代史(16〜20世紀初頭)を、最新の研究に基づき一つのまとまったナレーションとして講義する。本講義では近代史=18世紀〜20世紀初頭に重点を置く。なお近世史は要点を精選したものを「外国史概説」で行うので、西洋史を理解するには両方取ることが望ましい。
<到達目標>
受講者が近世・近代ヨーロッパ史のアウトラインをつかみ、教員免許取得に必要な歴史知識を得ると共に、近世・近代ヨーロッパで生み出された価値併存社会のメカニズムを学び、現在も続くそうした社会で生きていくための冷静な目を養う。
<授業の方法>
通常の講義形式をとる。教科書は用いず配布するプリントを中心に、プロジェクタの使用を交えて進めていく予定。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 60  %理解力/論理的思考力 
2受講態度 40  %理解力/問題設定能力/表現力 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
近世・近代のヨーロッパは不合理で暴力的な闘いに満ちており、その末に成立したのが、違う立場の相手を尊重しながら非暴力で闘う「近代市民社会」でした。闘いに強い緊張を感じ、避けてきた日本社会も、自由や個人主義と引き替えにこの闘争文化に引き込まれようとしています。異なる価値観を持つ人を受け入れ、尊重し、学びながら、自分を通すために、ヨーロッパ人が何を譲り、何を守ったかを、近世・近代史の学問的検討から掘り起こしてみましょう。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. ウルリヒ・イム・ホーフ(成瀬治訳), 啓蒙のヨーロッパ, 平凡社 1998年, ISBN:4582476341
  2. 谷川稔, 国民国家とナショナリズム, 山川出版社 1999年, ISBN:4634343509
<授業計画の概要>
はじめに ヨーロッパ近世・近代史を学ぶ意味について(第1回〜第2回)
1.科学と啓蒙と「市民的公共圏」(第3回〜第4回)
2.フランス革命(第5回〜第6回)
3.ナポレオン帝国とヨーロッパの再編成(第7回〜第8回)
4.革命と労働運動の世紀(第9回〜第10回)
5.教育と戦争が作る国民国家(第10回〜第11回)
6.人間のための国際条約(第12回〜第13回)
7.権力政治の破綻−第一次世界大戦と四大帝国の崩壊(第14〜第15回)