山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 外国史概説
時間割番号 EES206
担当教員名 皆川 卓/会田 大輔
開講学期・曜日・時限 前期・木・V 単位数 2
<対象学生>
2年生以上
<授業の目的および概要>
中国を中心とする東アジアの伝統的国家の形成(紀元前3世紀〜紀元後9世紀)と、英独仏伊を中心とするヨーロッパのそれ(15〜18世紀)を論じ、両方の社会とその上に形成される秩序の特徴を学ぶことによって、国際社会の多元性を理解する。
<到達目標>
東アジアとヨーロッパにおける伝統的国家のイメージを正しく把握し、両文明が生み出した秩序のありかたとその共通点・相違点を認識することを目標とする。
<授業の方法>
一般的な講義の形式を取る予定です。なお東洋史分野と西洋史分野は実施の順番が逆になる可能性もありますが、いずれにしても片方の受講では単位は取れないので注意が必要です。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %講義で論じた東洋史および西洋史の基礎知識が取得されているか否か 
2小テスト/レポート 20  %講義で論じた東洋・西洋の伝統的秩序の形成過程を押さえているか否か 
3受講態度 30  %出席と授業への参加が積極的であるか否か 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 吉田寅(編者), 世界史のための文献案内, 山川出版社, ISBN:4634035804
  2. 妹尾達彦, 長安の都市計画, 講談社, ISBN:4062582236
  3. 小泉徹, 宗教改革とその時代, 山川出版社, ISBN:4634342707
  4. 大野真弓(編者), 絶対君主と人民, 中央公論新社, ISBN:4122001889
  5. ジョン・ヘンリー, 一七世紀科学革命, 岩波書店, ISBN:4000270958
<授業計画の概要>
〈西洋史分野〉
第1回.オリエンテーリングと日本で外国史を学ぶ理由
 授業の方針を簡単に述べたあと、近代日本における西洋史研究の過程をたどりながら、日本人が外国の歴史を学ぶ理由を考えます。

第2回.宗教改革と個人の誕生(1)
 日本と西洋の相違の根底にあるキリスト教の精神的支配の歴史をお話すると共に、それが宗教改革によって分裂し、西洋社会の多元的な価値が生まれるまでを紹介します。

第3回.宗教改革と個人の誕生(2)
 キリスト教の分裂によって、個人が自分自身の価値を選ばなければならなくなり、自立した個人(自我ある個人)が成立する過程をご紹介します。

第4回.絶対主義の世紀(1)
 ヨーロッパでは国内の統一と平和は東アジア諸国よりも遅れて17世紀に達成されました。それはなぜか、克服のためにどのような条件が必要だったのかを考えます。

第5回.絶対主義の世紀(2)
 ヨーロッパ諸国の統一を達成した絶対君主が、人々のどのような価値観や期待によって権力を手に入れたのか、その権力は果たして「絶対」だったのかを論じます。

第6回.メディアと科学と市民的公共圏(1)
 「目で見たものを信じる」という、近代人にとって当たり前のことが当たり前になるまでの状況を紹介し、中世末から近世半ばにかけてそうした変化がなぜ起きたのかを考えます。

第7回.メディアと科学と市民的公共圏(2)
 近代は個々人の心の「科学」から始まる−ヨーロッパにおける科学の誕生が、単に自然科学だけではなく、政治・経済・社会といった新しいものの考え方を生み出し、私たちの生きる近代の基を築いていく過程をお話しします。

〈東洋史分野〉
第8回.ユーラシア史と中国史
 中国をユーラシア世界の中でとらえる歴史の見方について講義します。とくに南北二元論、陸と海のネットワークに焦点をあてます。

第9回.騎馬遊牧民からみた東アジアの歴史その1
 騎馬遊牧民が世界史にはたした役割について講義します。とくに、陸を通じたユーラシア世界の一体化に焦点をあてて解説します。

第10回.騎馬遊牧民からみた東アジアの歴史その2
 騎馬遊牧民が漢族世界をも統一した大中国、騎馬遊牧民と漢族が対峙した小中国について講義します。同時に、大中国が我が国に与えた歴史的影響についても説明します。

第11回.東アジアの仏教外交その1
 東アジアの外交が仏教を介して行われるようになった経緯について講義します。倭国が南朝から隋へ至る過程で、どのように外交を変化させたのかを論じます。

第12回.東アジアの仏教外交その2
 日宋・日明貿易において禅宗が果たした役割について講義します。なぜ禅僧が国際貿易に関与したのかを説明します。

第13回.東アジアの仏教外交その3
 国際貿易に活躍した禅僧のネットワークが、日本国内たとえば戦国大名間の外交にも大きな影響を与えたことについて、甲府五山の歴史にも言及しつつ講義します。

第14回.仏教外交から朱子学、神道の展開へ
 仏教外交から朱子学への展開について、江戸幕府による外交管理という点から講義します。あわせて朱子学が我が国に与えた影響として、重新徽典館碑および神道をとりあげながら説明します。

第15回.期末テスト