山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 体育社会学
時間割番号 EEP213
担当教員名 加藤 朋之
開講学期・曜日・時限 前期・水・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
我々が生きる世の中でスポーツの世界が語られうるのはなぜか。我々は身体を通してどのような社会性を身につけているのか。このような我々の身体を巡る社会学的な問題をスポーツという世界を通して考える。
また日本的な様相として重要な、スポーツを教材とする体育について体育社会学的な内容も含む。
<到達目標>
スポーツや身体を現代社会との相関をもとに相対化でき、また潜在する部分を理解することを目標とする。
<授業の方法>
テーマの解説、グループワーク、発表の3コマを1ユニットとして行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1受講態度 60  %グループワークにおける積極性を評価する。 
2発表/表現等 40  %プレゼンテーション内容の妥当性を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
積極的に受講する必要があります。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1、    スポーツ社会学について
2、3,4  スポーツは体育か?(概論、ワークショップ、発表)
5、6,7  我々の身体は評価される?!(概論、ワークショップ、発表)
8、9,10  スポーツ・サブカルチャー!!(概論、ワークショップ、発表)
11、12,13 スポーツイベントを開催しよう!!(概論、ワークショップ、発表)
14、15   スポーツや体育を語る、時代を語る(概論、ワークショップ、レポート)