山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 健康・体力診断実習II
時間割番号 EEP142
担当教員名 小山 勝弘
開講学期・曜日・時限 集中・(未登録)・(未登録) 単位数 1
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
健康診断や体力診断に用いられる測定技術を身につけ,特に文部科学省「新体力テスト」をもとに,あらゆる世代に対して適正な診断ができることを目指す.
<到達目標>
1.形態測定(身長,体重,体脂肪率,周径囲など)の意義を説明し,測定を正確に行える.
2.血圧測定の意義を説明し,測定を正確に行える.
3.骨密度測定の意義を説明し,一次予防の具体策についても説明できる.
4.各年代に応じた新体力テストの意義を説明し,測定を正確に行える.
<授業の方法>
講義,実習
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:中間期 30  %新体力テストの実施方法に関する知識を問う試験を行う. 
2小テスト/レポート 60  %3つのレポート課題に対し,それぞれ30点,合計最高60点を与える. 
3受講態度 10  %授業中の積極的な参加態度,取り組み姿勢を評価する. 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
健康・体力診断実習?を履修済みの学生が,さらに高い精度で正確な診断実技を身に付けるための授業です.
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 文部科学省体育局,, 新体力テスト実施要項
<授業計画の概要>
(実習による集中講義であるため順序等を表すことはできない)
※2-14に関して,指導的立場でその説明と師範が行えるようにする
1 オリエンテーション
2 健康診断での検査・測定項目(意義)
3 各種検査・測定の原理と影響因子
4-5 検査・測定機器の校正方法,および使用方法の概要(形態,尿,血圧,視力,定量的超音波骨密度)
6-8 新体力テストの実施方法(成年〜中年)
9-11 高齢者(65-79才)の新体力テストの実施方法
12 介護予防に関する体力測定法(握力,5m歩行速度,開眼片脚立ち,etc)
13-14 身体組成の測定方法(皮脂厚法,生体インピーダンス法,水中体重秤量法)
15 測定データの集計,基礎統計学的指標の算出