山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 解剖・人体生理学II
時間割番号 EEP122
担当教員名 安藤 大輔
開講学期・曜日・時限 後期・月・IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
解剖・人体生理学では、人体の解剖学(構造)と生理学(機能)について学ぶ。解剖・人体生理学?では、解剖・人体生理学Iを受けて、運動に関わる呼吸系、循環系および神経系と共に、消化器系と泌尿器系・生殖器系にまで言及する。各器官系の解剖学と生理学を学ぶことで人体の仕組みを理解する。
<到達目標>
1.身体の各器官の構造と機能とをある程度理解できるようになる。
2.身体の各器官の名称と働きとを覚える。
<授業の方法>
スライドを用いた一斉講義形式
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 70  %身体各期間の名称についてテストし、評価する。 
2小テスト/レポート 15  %小テストを行い、講義内容の定着度を評価する。 
3受講態度 15  %全講義における受講態度を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
幅広い内容を学習するため、日々の自主学習を欠かさないこと。
スポーツ科学・健康科学の基礎となるため、ただ記憶するだけでなく理解し覚えること。
オフィスアワーは毎週月曜日
<テキスト>
  1. エレイン N.マリーブ/著 林正健二/訳 今本喜久子/訳 遠藤健司/訳 大島千佳/訳 小田切陽一/訳, 人体の構造と機能 第4版, 医学書院, ISBN:978-4-260-02055-8
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
 1.神経系の進化過程・構造・機能(ニューロン・ジナプス・伝導路・刺激と反応)
 2.体性神経系(脳神経と脊髄神経)と自律神経系(交感神経と副交感神経)
 3.中枢神経系(脊髄・延髄・橋・中脳・間脳の構造と機能)
 4.大脳の構造と機能
 5.各種伝導路(知覚と運動の成立)
 6.心臓と血管系及びリンパ系
 7.体循環と肺循環
 8.外皮・視覚器・平衡聴覚器
 9.消化器系(口・咽頭・食道・胃・十二指腸・小腸・結腸・直腸・肛門)
10.消化器系(肝臓・胆嚢・膵臓)
11.呼吸器系(鼻腔・咽頭・喉頭・気管・気管支・肺)
12.呼吸機能(肺機能・外呼吸と内呼吸)
13.泌尿器系(腎臓の構造と機能)
14.生殖器系
15.内分泌腺