山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 解剖・人体生理学I
時間割番号 EEP121
担当教員名 安藤 大輔
開講学期・曜日・時限 前期・月・IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
解剖・人体生理学では、人体の解剖学(構造)と生理学(機能)について学ぶ。解剖・人体生理学?では、特に運動器である骨格系と筋系を中心に論じる。運動器の解剖学と生理学を学ぶことで日常生活や運動・スポーツ時の動きを生み出す仕組みを理解することを目的とする。
<到達目標>
1.ヒトの骨格のうち、主たる骨名を覚える。
2.ヒトの関節のうち、主たる関節名を覚える。
3.ヒトの骨格筋のうち、主たる筋名を覚える。
<授業の方法>
多量のスライドを用い、一斉講義形式にて行う。
骨・筋について生体観察を行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 70  %基礎的な解剖学用語・生理学用語についてテストする。 
2小テスト/レポート 15  %小テストを行い、講義内容の定着度を評価する。 
3受講態度 15  %全講義における受講態度を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
骨・関節・筋肉の名称を一度の学習のみで覚えることは不可能であるため、繰り返し自主学習し、時間をかけて定着させよ。
オフィスアワーは毎週月・火曜日
<テキスト>
  1. エレイン N.マリーブ/著 林正健二/訳 今本喜久子/訳 遠藤健司/訳 大島千佳/訳 小田切陽一/訳, 人体の構造と機能 第4版, 医学書院, ISBN:978-4-260-02055-8
<参考書>
  1. 竹内修二, 好きになる解剖学, 講談社, ISBN:4061534394
  2. 竹内修二, 好きになる解剖学-part2-関節を動かし骨や筋を確かめよう, 講談社, ISBN:4061541609
  3. 目でみる筋力トレーニングの解剖学, 大修館書店, ISBN:4469264911
<授業計画の概要>
1 からだの方向や動きの解剖学用語(逆立ちしたときの,前はどっち,上はどこ)
2 からだの各部の名称
あなたは知っているか「めがしら・たなごころ・ぼんのくぼ・きびす・まなこ・こばな・こむら・ひかがみ」
3 からだの「つくり」と「はたらき」との関係(細胞・組織・器官・器官系)
4 骨の構造,骨の連結,関節の構造
5 ヒトは直立二足歩行することで特徴ある骨格となった(頭頸部・脊柱と胸郭)
6 自由に動く上肢(上肢帯と自由上肢を構成する骨と関節)
7 異常に長く丈夫な,歩くための下肢(下肢帯と自由下肢を構成する骨と関節)
8 骨標本観察とスケッチ
9 骨と関節の生体観察(頭頸部・体幹・上肢・下肢)
10 進化とヒトの骨格(ウマには腰痛がない,ネコには痔がない,イヌは安産)
11 筋の構造と筋収縮機構(身体の動きを生み出す筋)
12 筋の作用と動きの解剖生理(各関節の構造と筋の作用)
13 神経筋協調の絶妙と動くための筋付属器
14 全身の骨格筋とその働き(頭頸部・体幹・上肢・下肢)
15 筋の生体観察と関節を介した動きの観察,エネルギー供給システムの概要