山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 陸上
時間割番号 EEP102
担当教員名 太田 涼
開講学期・曜日・時限 後期・月・II 単位数 1
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
陸上競技は人間の生活生存に関わる走・跳・投をその内容に持ち、あらゆる身体活動やスポーツ活動の基礎的・基本的能力の養成にもつながる。将来、小学校、中学校の教師やスポーツ健康指導者として陸上運動・陸上競技を指導するにあたっての資質を高めるための授業として、実技のみならず動きの原理、陸上競技の歴史、ルール等幅広い観点から学習が展開される。
<到達目標>
陸上競技の走・跳・投種目を経験するとともに、これらの種目のパフォーマンスの向上に取り組み、指定された到達基準(記録)を突破する。実技能力向上の取り組みの過程において、同時に指導法に関する知識・技術の習得を目指す。また、健康づくりのためのウオーキング、ジョギング、ランニングの日常化を目指し、その効果を体感する。
<授業の方法>
グラウンドでの実技を中心に行なわれるが、状況によっては学内外の体育・スポーツ施設、ロードや講義室で行われることもある。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %実技テスト(記録) 
2小テスト/レポート 20  %課せられたレポートなどによる 
3受講態度 30  %授業への出席・受講態度などによる 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
将来の学校の教師(中学校/高等学校、小学校)やスポーツ健康指導者を想定しての能力(知識、実技能力、指導能力等)向上を目指して、意欲的・積極的な態度での受講を望む。また、実技・指導能力向上のため授業時以外での自主学習も必要である。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. USA Track & Field(全米陸上競技連盟)著、Joseph L.Rogers編、澤村博・澤木啓祐・尾縣貢・青山清英監訳, コーチングマニュアル〜USA Track & Field COACHING MANUAL〜, 陸上競技社, ISBN:4-88293-250-4
<授業計画の概要>
1 オリエンテーション 授業の概要と課題の説明(講義室)
2-7 短距離・リレー、ハードル種目における実技・指導能力向上に関する学習及び記録   測定
8-9 跳躍種目における実技・指導能力向上に関する学習及び記録測定
10-11 投てき種目における実技・指導能力向上に関する学習及び記録測定
12 ウォーキング1(正しいフォームと傷害予防策)
13 ウォーキング2(運動強度の調節と生理心理的特性)
14 ジョギング1(正しいフォームと傷害予防策)
15 ジョギング2(運動強度の調節と生理心理的特性)

授業の進行状況によって、順番が前後することがある。