山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 集合と写像
時間割番号 EEM211
担当教員名 小池 健二
開講学期・曜日・時限 前期・金・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
現代数学は集合の言葉で述べられている。より高度な数学を学ぶ上で必要な、集合の考えを身につける事を目的とする。
<到達目標>
命題と論理、集合と写像、同値関係等、数学を学ぶ上で基礎となる概念・仕組みを
理解する
<授業の方法>
主に講義による。演習や小テストを適宜行なう。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %授業理解力,論理的思考能力,計算能力。 
2試験:中間期 40  %授業理解力,論理的思考能力,計算能力。 
3小テスト/レポート 10  %授業理解力,論理的思考能力,計算能力。 
4受講態度 10  %2/3以上の出席が必要 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
線形代数学・微分積分学も受講しておくこと。
<テキスト>
  1. 奥山晃弘, 論証・集合・位相入門, 共立出版, ISBN:4-320-01823-0
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.集合とは
2.命題とは
3.無限とは;パラドクス、対偶、
4.数学的な把握の仕方
5.論理と集合
6.数の体系
7.実数の全体
8.写像
9.同値関係
10.商空間
11.濃度、順序数
12.再び、無限とは;選択公理・他
13.Peanoの公理
14.数学的帰納法
15.総括