山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 数学演習II
時間割番号 EEM154
担当教員名 武藤 秀夫
開講学期・曜日・時限 後期・木・IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
微分積分II、線形代数IIの演習を隔週で行う。微積分I、線形代数Iの演習を隔週で行う。時間的制約等で、講義で触れ難かった事の注意をする。
<到達目標>
学生が,演習問題を通じて微分積分、線形代数の理解を深め,基本的な問題を自力で解けるようにすることにより,「微分積分学II」、「線形代数学II」の授業内容の理解を深める。
<授業の方法>
演習:
演習問題を解いて、提出・発表してもらう。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %基礎的内容の理解と応用 
2小テスト/レポート 30  %基礎的内容の理解と応用 
3受講態度 10  %基礎的内容の理解と応用 
4発表/表現等 30  %基礎的内容の理解と応用 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
線形代数学I、微分積分学I、数学演習Iの復習は必ずしておくこと。
「集合と写像」、線形代数学II、微分積分学IIも必ず受講すること。
(数学演習IIだけ履修しても理解できない。)
微分積分学I,微分積分学II, 線形代数学I、線形代数学II の教科書は
持参すること。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.一次独立,一次従属
2.基底と次元 (生成系,部分空間の次元, 基底の変換,成分の変換)
3.多変数関数の極限値
4.線形部分空間
5. 多変数関数の微分
6. 線形空間の基底と次元
7. 多変数関数の基礎概念, 全微分可能性と合成関数の微分
8.学習確認
9. 高次の偏導関数と Taylor の定理
10. Taylor の定理の応用(極大・極小), 陰関数の定理
11. 線形写像と表現行列
12. 重積分の基本
13. 線形写像の像と核
14. 重積分の変数変換
15. 総括・まとめ