山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 異文化間コミュニケーション
(本年度非開講)
時間割番号 EEL334
担当教員名 秋山 高二
開講学期・曜日・時限 前期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
今日、政府の役人や文科省・外務省の役人だけではなく、一般の人々も諸外国と「異文化理解」や「相互交流」がますます必要になっている。ひとりひとりが「親善大使」になってきていると言っても過言ではない。この授業を通して、異文化理解にはどのような問題があるか、誤解を少なくしていくのにはどうしたらいいかを、テキストや討論を通して学んでいきたい。最近話題になっている「アジア英語」(Asian Englishes)にも言及していきたい。
<到達目標>
外国語(特に英語)を通しての外国文化・社会の理解だけではなく、「日本語」「日本文化」、そして「日本人」の思考パターンや行動様式についても言及していきたい、そしてより深い「異文化理解」「文化交流」の仕方またあり方を、考察できるようになったらよいと思う。異文化や異社会の理解においては、まず人間が、また民族が常に介入してきていることを心得ていてほしい。ステレオタイプにならないアイデンティティ追求をしていきたい。
<授業の方法>
授業は、グループ形式での発表、それに伴う質疑応答を行い、問題の本質をより深めていきたい。テキストは日本語で書かれたもの、英語で書かれたものの2冊を併用していく。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %授業内容が理解できたかどうか、自分の言葉で説明できるかどうか。 
2小テスト/レポート 20  %予習したものについて十分な説明をしていく。 
3受講態度 10  %あるトピックについて、クラスの皆で考え、意見を集約していきたい。 
4発表/表現等 30  %発表は与えられたものだけではなく、自分で調べたものをも付け加えていきたい。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
テキストの予習、授業への出席はこれを必須なものとする。また各時間に与えられる発表に対する意見や感想もどんどん出していってほしい。コミュニケーションは、言葉を通したもの、非言語によるものがあるが、皆さんには言語によるコミュニケーションを、どんどんしていってほしい。授業のブレイクには英語の歌も聴いていきたい。
<テキスト>
  1. 本名信行ほか, 「異文化理解とコミュニケーション 1」(第2版), 三修社, ISBN:978-4-384-04071-5
  2. 本名信行ほか, 「異文化理解とコミュニケーション 2」(第2版), 三修社, ISBN:978-4-384-04072-5
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1週  授業の説明・導入
第2週  ことばと文化
第3週  コミュニケーションのしくみとはたらき
第4週  ことばの含み
第5週  会話のなりたち
第5週  コミュニケーション・スタイル
第6週  男ことば女ことば
第7週  文化とメタファー
第8週  通訳と翻訳
第9週  国際語としての英語
第10週  日本語教育と異文化コミュニケーション
第11週  手話--もうひとつのことば
第12週  ノンバーバル・コミュニケーション
第13週  ユーモアと異文化コミュニケーション
第14週  メディアと異文化ステレオタイプ
第15週  まとめと期末試験