山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 アメリカ文学史
時間割番号 EEL212
担当教員名 奥村 直史
開講学期・曜日・時限 後期・月・IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
アメリカ文学を通してアメリカの歴史的・文化的背景についての知識を深めつつ、作品の特質をつかむことを目的とする。
<到達目標>
アメリカ文学の大まかな流れを把握し、作品の解釈ができるようになることを目標とする。
<授業の方法>
おもに講義形式。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:中間期 20  %重要な歴史的・文化的事項の理解度をはかる 
2小テスト/レポート 50  %独自の視点で作品を解釈するレポートを重視する 
3受講態度 10  %積極的な参加を重視する 
4発表/表現等 20  %アメリカ作家の作品に関する発表 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
毎回出席することを原則とする。単位取得には3分の2以上の出席が必要。
<テキスト>
  1. 板橋好枝 他編著, はじめて学ぶアメリカ文学史, ミネルヴァ書房, ISBN:462302105X
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.イントロダクション
2.アメリカ文学の背景
3.アメリカ文学の背景
4.17・18世紀 植民地時代の文学
5.19世紀初期 アメリカ文学の独立期
6.19世紀初期 アメリカ文学の独立期
7.19世紀中期 アメリカ文学の開花
8.中間試験
9.19世紀中期 アメリカ文学の開花
10.19世紀後期 リアリズムと自然主義の文学
11.19世紀後期 リアリズムと自然主義の文学
12.20世紀初期 アメリカ文学の成熟
13.20世紀初期 アメリカ文学の成熟
14.20世紀中期 第2次大戦後の文学
15.20世紀中期〜現在
進度は多少変更することがある