山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 言語学概論
時間割番号 EEL201
担当教員名 中戸 照恵
開講学期・曜日・時限 集中・(未登録)・(未登録) 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
英語の構造(つくり)と機能(はたらき)を社会言語学の観点から説明・考察していく。言語の文法や意味、そして音声の特徴を詳しく述べた後で、アメリカ英語とイギリス英語の違い、社会階層による言語の使い方などの違いも熟考していきたい。言語を歴史的に、また共時的に「生きている物」として捉えられるようにしていきたい。
<到達目標>
日本語や英語などの構造と機能に興味を持ち、問題意識を持って「言語研究」に取り組むことが出来るようにしたい。「対照言語学」に結びつくような、基礎的な知識を得てほしい。
<授業の方法>
受講者が指定されたテキストの部分の内容を要約して説明する。それを補う形で、教員が説明を行う。さらに、テキストの各章が終わるごとに、言語データの分析を中心とした確認ペーパーに取り組む。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %言語の持つ特徴が理解できたかどうかを問う。 
2小テスト/レポート 20  %論理的思考能力、問題解決能力、観察/実験力 
3受講態度 10  %日常的努力 
4発表/表現等 20  %情報整理力、発表、表現力 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
中学や高校の英語の授業で習う学校文法とは異なる視点から、英語の構造や機能を学習していく。前向きに取り組めば、いろいろな言語について新しい発見があると思います。
<テキスト>
  1. 田中春美ほか, 「言語学入門」, 大修館書店, ISBN:4-469-21045-5
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1週 導入・解説
第2週 序論
第3週 音論
第4週 形態論1
第5週 形態論2
第6週 統語論
第6週 文の生成
第7週 意味論1
第8週 意味論2
第9週 文字論 
第10週 歴史・比較言語論
第11週 言語地理学 
第12週 応用言語学 
第12週 社会言語学1
第13週 社会言語学2
第14週 語用論
第15週 総括評価:まとめ(期末試験等)

進度によって上記の予定を変更する場合もあります。