山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 食物学実験
時間割番号 EEK322
担当教員名 時友裕紀子
開講学期・曜日・時限 前期・火・III-IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
小学校・中学校・高等学校の家庭科授業において、児童・生徒の理解に繋がる指導ができるように、食物学に関連した基礎的な実験を行う。食品の性質や調理における諸現象、調理方法に関する理解を深めるとともに、児童対象のプレゼンテーションの方法についても学ぶ。
<到達目標>
実験を通して、食品や調理について科学的に思考する能力、安全に実験する態度を身につける。また、実験・実習を学校現場の授業で取り入れる際に重要な計画・準備ができる力を身につける。
<授業の方法>
題材に関する講義、実験および実験結果等についてのグループ・全体討議によって進める。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %レポートを適切にまとめてあるか。考察がされているか。 
2受講態度 30  %積極的かつ安全に配慮して実験をしているか。 
3発表/表現等 20  %積極的に意見を発表できるか。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
実験の経験のない、あるいは少ない学生にもわかりやすく説明しますので、食物に興味のある学生は受講してください。小・中・高等学校の家庭科授業や食育、給食指導にも役にたつ内容です。白衣を準備してください。
<テキスト>
  1. 毎回、資料を配布する。
<参考書>
  1. 授業の際に紹介する。
<授業計画の概要>
順序を変更することがありますが、おおむね以下のように行います。
1. 実験の内容の説明、レポートの作成方法、実験の安全に関する諸注意、実験室の使い方。
2. 実験器具、天秤、蒸留水の使い方。
3. 食品中の糖度、酸度、塩分濃度。pHメータの使用方法。
4. 官能評価法
5. 炊飯の原理 ービーカー炊飯ー
6. 砂糖の調理性
7. 小麦粉の調理性(1)
8. 小麦粉の調理性 (2)
9. 野菜・果物のペクチン
10. 植物性食品に含まれるたんぱく質分解酵素の性質
11. ポリフェノールオキシターゼの性質
12. 卵の新旧
13. 米粉の性質
14. マッシュポテト
15. 食物領域におけるプレゼンテーション