山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 衣文化論
時間割番号 EEK313
担当教員名 岡松 恵
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
伝統的な着装や、衣服をつくる暮らしから離れ、洋装化・既製服化した現代日本において、着る意味や衣服の変遷を見つめ直すことにより、各自の衣生活をより豊かなものにすることを目的とする。
衣服がいかに人々を魅了してきたか、どんな技術がそれを支え、背景にはどのような社会や文化があったのか等々、文化的な視点から衣生活について講述する。
<到達目標>
主な衣服素材や染織技法について基礎的な知識を持ち、その背景にある社会状況や美意識についても理解できる。それらを踏まえて、興味を持った衣文化について、自己の視点に立ったレポートにまとめることができる。
衣文化を通して自己の属する社会を見直すことができ、さらに他の地域の人々についても、その社会や価値観を理解することができる。
<授業の方法>
講義中心。授業中に小テストを数回行い,レポートの提出を1回求める。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %レポートは、資料を適切に用いていることや、自己の視点に基づいていることを重視する。 
2受講態度 30  %出席回数と授業への取り組み姿勢等を併せて評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業計画の内容は授業の進捗状況に応じて変更する場合がある。
<テキスト>
  1. プリントを配布する。
<参考書>
  1. 授業中に指示する。
<授業計画の概要>
第1回 中・高の家庭科でとりあげられる衣文化について
第2回 人々を魅了した素材(麻)
第3回 人々を魅了した素材(絹)
第4回 人々を魅了した素材(綿)
第5回 人々を魅了した素材(羊毛)
第6回 人々を魅了した素材(化学繊維)
第7回 人々を魅了した技法(織物)
第8回 人々を魅了した技法(編物)
第9回 人々を魅了した技法(染色)
第10回 人々を魅了した技法(刺繍)
第11回 人々を魅了した技法(継ぎ)
第12回 衣服は語る
第13回 禁じられた衣生活
第14回 古の洗濯
第15回 まとめ