山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 食品栄養学
時間割番号 EEK222
担当教員名 時友裕紀子
開講学期・曜日・時限 後期・木・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
各種食品に含まれる栄養成分(たんぱく質,脂質,炭水化物等)の特徴や,調理加工による成分の変化について解説する.さらに,食品の品質保持や劣化に関わる要因,食品の選択方法,加工・保存方法など食品の利用に関する理解を深める.
<到達目標>
栄養,食品,調理に関する正確で基礎的な知識を身につけ,日常生活で応用,実践できることを目標とする。.
<授業の方法>
講義中心とする。教科書、食品成分表、プリント、ビデオを活用する。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業の内容を理解しているか、基礎的知識を獲得できたか、評価する。 
2小テスト/レポート 20  %自学自習の成果について評価する。 
3受講態度 30  %遅刻は減点。講義における積極的な態度も加味する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
受講生は食物学概論を受講済みであること。
<テキスト>
  1. 藤原葉子編著, 食物学概論, 光生館, ISBN:9784332040538
  2. オールガイド食品成分表2017, 実教出版, ISBN:9784407340754
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
順序が変更になるかもしれないが、以下のような内容を計画している。
1. 米の栄養と加工・調理
2. 日本の米、世界の米
3. 小麦粉の栄養、グルテンの性質
4. 小麦粉の調理、郷土料理「ほうとう」
5. いも類、豆類の栄養と調理
6. 大豆加工食品の種類と製造方法、栄養価の比較
7. 魚介類の種類と栄養、調理性、鮮度
8. 獣鳥肉類の種類と栄養、調理加工
9. 卵の鮮度、調理性
10. 乳・乳製品の栄養、牛乳の殺菌方法、乳製品の製造方法
11. 野菜・果実の栄養と保存・加工法
12. その他の食品
13. 食品表示
14. 食品の安全性に関わる諸問題
15. 総括