山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 被服学概論(被服製作実習を含む。)
時間割番号 EEK212
担当教員名 岡松 恵
開講学期・曜日・時限 前期・火・III-IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
洋裁・和裁の基礎的な縫製技法を習得し、製作品の特徴や構造を科学的に理解することにより、着心地が良く丈夫で美しい衣服を製作する。
授業では、教材用見本を作りながら、スモックと大裁単衣長着(浴衣)等を製作する。
<到達目標>
被服製作に関する基礎的な知識を持ち、安全に被服製作実習を進めることができる。
材料や用具を熟知し、熟練した縫製技術で合理的な被服製作ができる。
<授業の方法>
講義と実習。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1受講態度 30  %出席回数と積極的な取り組み姿勢を併せて評価する。 
2発表/表現等 70  %製作品は授業で行った製作方法でつくられていることと、期限内に提出することを重視する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
製作物や授業計画の内容については、授業の進捗状況に応じて変更する場合がある。
授業時間内に課題が出来なかった場合や欠席した場合は、各自で補習を行い進めておく。
用具や材料についてはその都度連絡する。
<テキスト>
  1. プリントを配布する。
<参考書>
  1. 授業中に指示する。
<授業計画の概要>
第1回 服飾造形の基礎、スモック製作の準備(型紙づくりと地直し)
第2回 スモック製作1(裁断,印つけ,仮縫い)
第3回 スモック製作2(ポケット付け,身頃縫い,袖付け)
第4回 スモック製作3(裾始末,ボタン付け,仕上げ,三角巾つくり)
第5回 大裁女物単衣長着について(採寸,見積り)
第6回 大裁女物単衣長着製作1(裁断,印つけ,背縫い)
第7回 大裁女物単衣長着製作2(袖つくり,肩当て・居敷当て)
第8回 大裁女物単衣長着製作3(衽付け)
第9回 大裁女物単衣長着製作4(衿下と裾の始末)
第10回 大裁女物単衣長着製作5(衿付け)
第11回 大裁女物単衣長着製作6(脇縫い)
第12回 大裁女物単衣長着製作7(袖付け,仕上げ)
第13回 服飾造形概説3(まとめ,着装評価)
第14回 自由課題1
第15回 自由課題2