山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 衣生活論
時間割番号 EEK211
担当教員名 岡松 恵
開講学期・曜日・時限 前期・水・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
多様化・複雑化した現代日本において、各自の衣生活を豊かにすることを目的に、科学的な知識や文化的な理解を養う。
授業では中・高で扱う衣生活分野の内容をとり上げ講述する。
<到達目標>
衣生活をより豊かなものにするためにの基礎的な知識を身につけ、衣服に関わる社会環境や伝統文化についても理解ができる。それらを踏まえて、衣生活に関する諸問題についてレポートにまとめることができる。
<授業の方法>
講義中心。複数の小レポートの提出を求める。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %レポートは、資料を適切に用いていることや、自己の視点に基づいていることを重視する。 
2受講態度 30  %出席回数と授業への取り組み姿勢を併せて評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
授業計画の内容は授業の進捗状況に応じて変更する場合がある。
<テキスト>
  1. プリントを配布する。
<参考書>
  1. 授業中に指示する。
<授業計画の概要>
第1回 中・高の家庭科でとりあげられる衣生活について
第2回 伝統的な衣服
第3回 衣服の材料(繊維の分類)
第4回 衣服の材料(糸の分類)
第5回 衣服の材料(布の分類)
第6回 衣服における安全性と快適性
第7回 衣服の手入れ(洗濯,しみ抜き)
第8回 衣服の手入れ(アイロン,補修)
第9回 衣生活における環境問題
第10回 既製服の表示
第11回 服飾デザインと色彩
第12回 被服製作における縫製準備
第13回 被服製作における手縫いの技術
第14回 被服製作におけるミシン縫いの技術
第15回 まとめ