山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 生活学概論
時間割番号 EEK202
担当教員名 神山 久美
開講学期・曜日・時限 後期・火・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
 消費生活に関わる知識を幅広く学び、自主的かつ実践的に行動できる力を養う。近年の消費者問題を取り上げ、それらの課題を見出し解決への方向性を探る。
(受講生の希望に従い、授業内容を検討する)
<到達目標>
・消費生活に関わる基本的な内容について説明できる。
・消費生活情報を活用しながら、どのように意思決定していけばよいか理解できる。
<授業の方法>
講義のほか、グループ・ディスカッションを取り入れる。
(受講生の希望に従い、授業方法を検討する)
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 70  %授業内課題及びレポートによる評価 
2受講態度 30  %出欠席・授業への参加意欲及び態度の評価 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
消費生活の諸問題について、新聞やニュースなどで情報収集をしながら興味・関心を深め、学んだことがらを自らの生活に反映していってほしいと思います。
<テキスト>
  1. 参考資料を随時配布する。
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
※受講生の希望に従い、授業計画を変更する
1.オリエンテーション
2.消費者問題とは
3.消費生活に関わる法律
4.消費者行政
5.消費生活相談
6.消費生活と安全
7.契約・取引問題1(契約・販売方法)
8.契約・取引問題2(クレジット社会)
9.契約・取引問題3(悪質商法)
10.消費生活情報
11.環境問題
12.企業の消費者対応
13.消費者教育1(幼児期・児童期・少年期)
14.消費者教育2(成人期・高齢期)
15.総括