山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 文学教育研究法IB
時間割番号 EEJ353B
担当教員名 齋藤 知也
開講学期・曜日・時限 前期・木・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
国語教育の課題と方法(特に国語教育史、「読むこと」、文学教育、児童文学など)について取り上げる。
前期は研究法の基礎を学ぶ。後期は各自に問題意識を掘り下げる。
<到達目標>
研究法を習得する。
<授業の方法>
演習。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %成果のまとめ。 
2受講態度 30  %討議への参加。 
3発表/表現等 20  %先行研究と問題意識 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
小中高の文学教材の価値をひらき、子どもたちと授業者が共に、世界を新たに発見していく国語科教育の在り方を、国語教育史を踏まえて探究していきます。自ら研究する意欲のある人、教員(国語科)を目指している人、ぜひ来てください。
前期・後期ともに3・4年の重複履修をすること。
齋藤のもとで卒論を執筆する者は必ず履修すること。
齋藤担当の「国語科実践史演習」「国語科授業開発演習」を2・3年のうちに履修すること。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 須貝千里ほか編, 「これからの文学教育」のゆくえ, 右文書院, ISBN:4842100532
  2. 須貝千里ほか編, 文学の力×教材の力 小学校・中学校編 全10巻, 教育出版, ISBN:4316378902
  3. 須貝千里ほか編, 新しい作品論へ、新しい教材論へ 高校編 全14巻, 右文書院, ISBN:4842198095
  4. 須貝千里ほか編, 文学が教育にできることー「読むこと」の秘鑰, 教育出版
<授業計画の概要>
受講生と相談の上決定する。