山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 国語学演習IB
時間割番号 EEJ202B
担当教員名 長谷川千秋
開講学期・曜日・時限 前期・月・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
テキストを忠実に読み解き、それを発表することを通して、日本語への問題意識の持ち方、問題意識を調査へと発展させる方法、調査して得られたデータを論理的に分析する方法を学び、国語学の素養を培うことを目的とする。この目的は、国語の教材研究の方法に通じていくことになる。【概要】『今昔物語集』巻二十七を国語学的に読む。『今昔物語集』は、中世語へと移行する時期の言語を考える際の好資料である。本文を注釈しながら、語彙・文法のさまざまな問題点を見いだしていきたい。
<到達目標>
1.調査して得られたデータを論理的な方法で分析できるようになること。
2.基本的な注釈の方法を知り、文脈に即した読みができるようになること。
<授業の方法>
講義と受講生の演習発表による
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 40  %期末レポートによる、考察の深さ 
2受講態度 20  %出席状況による 
3発表/表現等 40  %発表と質疑応答による、発表の完成度、積極的な質疑応答 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
演習発表は、聞き手にわかりやすい口頭演習発表は、聞き手にわかりやすい口頭説明の方法を模索する場でもある。他の学生の発表を聴いて、自分の発表に生かすようにしてほしい。
国語学概論を履修していること、また後期に国語学演習IIAを履修することが望ましい。
<テキスト>
  1. なし
<参考書>
  1. 小峯和朗編, 今昔物語集を学ぶ人のために, 世界思想社
  2. 築島裕, 平安時代語新論, 東京大学出版会
  3. 佐藤武義, 今昔物語集の語彙と語法, 明治書院
  4. 安田章編著 酒井憲二・池上洵一著, 鈴鹿本今昔物語集 影印と考証, 京都大学学術出版会
<授業計画の概要>
1 今昔物語集の成立・作者・諸本について
2 平安時代の日本語(文法)について
3〜14 演習発表
15 まとめ