山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 日本語の音声・音韻
時間割番号 EEJ163
担当教員名 江崎 哲也
開講学期・曜日・時限 後期・木・IV 単位数 2
<対象学生>
日本語教員養成プログラムの選択必修科目です。
1-4年生
日本語非母語話者が受講する場合、要求される日本語能力は、日本語能力試験(JLPT)のN1以上。
<授業の目的および概要>
題目:日本語音声学
日本語音声学を学ぶことを通して、その知見を各々の研究・実践にどのように応用できるか、受講生が自ら考えられるようになることを目的とする。
<到達目標>
1. 音を正確に聞き取り、詳細に記述できる。
2. 様々な音を自由に発音できる。
3. 音声学・音韻論の知見の応用方法を考えられる。
<授業の方法>
講義と発音練習を交互に行う。なお、ここで言う発音練習とは、いわゆる「正しい日本語を話すための」、あるいは「アナウンサーになるための」発音練習ではない。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 25  %音の聞き取り、及び講義内容の理解度。日本語、及び諸言語に観察される音の発音。 
2試験:中間期 25  %音の聞き取り、及び講義内容の理解度。日本語、及び諸言語に観察される音の発音。 
3小テスト/レポート 30  %音の聞き取り、及び講義内容の理解度。(ほぼ毎週小テストを実施する。) 
4受講態度 20  %授業中における教師からの質問に対する回答、授業内のディスカッション・発表等における発音・発言の正確さと適切さを評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
・履修登録前に下記指定テキストにざっと目を通し、この科目の概要をつかんでください。
・シラバスを熟読し、全て納得した上で、履修登録を行ってください。
・シラバスを熟読していない、あるいは評価方法・授業方法等を理解していないと判断された学生は、受講をお断りする可能性があります。
・他の受講生の前で、発音の発表をしてもらうことがあります。
<テキスト>
  1. 斎藤純男, 日本語音声学入門 改訂版, 三省堂, ISBN:4-385-34588-0
<参考書>
  1. 鹿島央, 日本語教育をめざす人のための基礎から学ぶ音声学, スリーエーネットワーク, ISBN:4-88319-231-8
  2. 佐々木泰子編, ベーシック日本語教育, ひつじ書房, ISBN:978-4-89476-285-5
<授業計画の概要>
1. 音声と音声学
2. 音声学と音韻論
3. 日本語に観察される音声1
4. 日本語に観察される音声2
5. 日本語に観察される音声3
6. 諸言語に観察される音声1
7. 諸言語に観察される音声2
8. まとめ・中間評価
9. 音節とモーラ
10. アクセントとイントネーション1
11. アクセントとイントネーション2
12. アクセントとイントネーション3
13. リズムとポーズ
14. 速さ、強調と音声、音声の物理と心理
15. まとめ・総括評価

上記の方針に基づき、受講生の理解度や必要性に応じた授業を行っていきます。