山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 病弱児指導法
時間割番号 EEH214
担当教員名 小畑 文也
開講学期・曜日・時限 後期・月・IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
特別支援教育において病弱教育が置かれた位置づけ、特長を知る。また、多様な場で行われる現状から、特別支援学校、特別支援学級、訪問学級、通常の学級等、場や個々の子どもの状態によって様々な教育課程の編成、指導法の展開があることを理解する。
<到達目標>
病弱児の定義、現状、関連法令を理解する。特別支援学校、特別支援学級、訪問指導、通常学級に於ける教育課程の編成、指導のあり方を理解し、場と個々の子どもに応じた指導案の作成ができる。
<授業の方法>
(未入力)
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 30  %テスト 
2小テスト/レポート 30  %レポート 
3受講態度 40  %授業に対するとりくみの姿勢 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
  1. 全国特別支援学校病弱教育校長会【編著】, 「特別支援学校の学習指導要領を踏まえた 病気の子どものガイドブック」, ジアース教育新社
<参考書>
  1. 小畑文也 ・ 鳥海順子 (著), 「Q&Aで学ぶ障害児支援のベーシック」, コレール社
<授業計画の概要>
(1) 教育用語としての「病弱児」
(2) 教育からみた小児科医療
(3) 法令等からみた病弱教育
(4) 病弱教育の現状(身体的疾患)
(5) 病弱教育の現状(精神的疾患)
(6) 学習要領からみた病弱教育
(7) 特別支援学校小・中学部における教育課程
(8) 特別支援学校後頭部における教育課程
(9) 特別支援学級における教育課程
(10) 病弱児の自立活動
(11) 通常の学級に於ける配慮事項
(12) 指導事例の検討(各教科)
(13) 指導事例の検討(ベッドサイド学習)
(14) 指導事例の検討(自立活動)
(15) 退院後の教育―移行教育