山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 知的障害児教育課程論I
時間割番号 EEH211
担当教員名 廣瀬 信雄
開講学期・曜日・時限 後期・月・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
学校教育法上の知的障害の概念,知的障害児教育の歴史,特別支援学校(知的障害児教育部門)の教育課程に関する基礎的な事項の理解を図る。教育課程論への歴史的接近法への理解を図る。
<到達目標>
上記の事項の完全習得
<授業の方法>
講義
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %理解の正確性 
2受講態度 20  %自分の思想表現 
3発表/表現等 30  %わかりやすさ 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1 学校教育法上の知的障害の概念(1):ICFとの関連から
2 学校教育法上の知的障害の概念(2):学校教育法施行令第22条の3から
3 知的障害児教育の歴史(1)
4 知的障害児教育の歴史(2)
5 知的障害児教育の歴史(3)
6 知的障害児教育の歴史(4)
7 知的障害児に対する現在の学校教育(1)特別支援学校での実践
8 知的障害児に対する現在の学校教育(2)特別支援学校での実践
9 知的障害児に対する現在の学校教育(3)小学校の特別支援学級での実践
10 知的障害児に対する現在の学校教育(4)中学校の特別支援学級での実践
11 知的障害児に対する現在の学校教育(5)小・中学校等の通常学級での実践
12 特別支援学校(知的障害)の教育課程(1):法施行規則や学習指導要領の理解
13 特別支援学校(知的障害)の教育課程(2):教育課程編成の原則
14 特別支援学校(知的障害)の教育課程(3):教育課程編成上の特例
15 まとめ