山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 病弱児者生理・病理学
時間割番号 EEH205
担当教員名 畠山 和男/小川  恵/古屋 義博
開講学期・曜日・時限 集中・(未登録)・(未登録) 単位数 2
<対象学生>
障害児教育コース
<授業の目的および概要>
教育職員免許法別表(特別支援学校教諭)の第2欄に記された「生理・病理」の中の,「病弱領域(授業の概要を参照)」にかかわる事項の完全習得。
<到達目標>
1.病弱児の生理と病理(身体的疾患)
2. 病弱児の生理と病理(精神的疾患)
以上の2件に関する基礎的な事項を完全習得する。その知識を基礎としながら,
1.個別の疾患
2.学校教育上の配慮事項
について理解する。
<授業の方法>
講義中心で授業を進める。よって,より十分な予習と復習は必須である。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 100  %上記「到達目標」に記した事項を総合的に評価。詳細は初回の授業にて説明。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
特になし。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 世界保健機関, 国際生活機能分類, 中央法規出版, ISBN:9784805844175,
    (3,500円(税抜き))
<授業計画の概要>
1 発生・発達の生理と病理 
2 中枢神経系の生理と病理
3. 病弱児の生理と病理(身体的疾患)
4. 病弱児の生理と病理(精神的疾患)
5 病弱児における「病気」の構造(社会モデルと生物モデル)
6 現在の子どもの健康と疾患
7 病弱児の疾患(1)一般慢性疾患(喘息、ネフローゼ、小児糖尿病、先天性心疾患等)
8 病弱児の疾患(2) 小児がん
9 病弱児の疾患(3)精神疾患(小児うつ病、心身症、PTSD、PD等)
10、病弱児の社会病理:児童虐待、不登校 
11 特別支援学校における病弱児に関する配慮事項
12 特別支援学級における病弱児に関する配慮事項
13 通常の学級における病弱児に関する配慮事項
14 虚弱児の生理・病理 
15 学校教育における虚弱児に関する配慮事項

※精神医学関係は主に小川が,身体障害関係は主に畠山が担当する。詳細な日程は解雇雲際に説明する。