山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 特別支援教育総論I
時間割番号 EEH101
担当教員名 里見 達也
開講学期・曜日・時限 前期・木・IV 単位数 2
<対象学生>
障害児教育コース
<授業の目的および概要>
障害の概念及び特別支援教育の概念、特別支援教育が対象とする幼児児童生徒の教育の理念や制度についての基本的な理解を図る。
<到達目標>
上記の基礎的事項についての完全習得
<授業の方法>
講義およびグループワークを取り入れる。視聴覚教材も活用し、障害理解の助けとする。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 75  %特別支援教育に関する基礎知識を習得できたか。 
2小テスト/レポート 10  %特別支援教育に関する基礎的知識について自分なりに考察したか。 
3受講態度 15  %積極的に授業に参加したか。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
現在、障害のある子ども・人との共生が国際的な通念となっています。障害のある子どもの心理や教育に関する知識や発想は、通常の学級での教育のみならず広く一般的なさまざまな生活局面の中において、今まさに求められています。そこで、本講義では模擬体験等を通して、障害のある子どもをとりまく諸問題について、自分の体験や専門分野と照らし合わせながら積極的に思考する態度を望みます。*オフィスワークは木曜日5時限目に設定しています。
<テキスト>
  1. 小畑文也・鳥海順子・義永睦子編, Q&Aで学ぶ障害児支援のベーシック, コレール社, ISBN:9784876377169
<参考書>
  1. 世界保健機関, 国際生活機能分類, 中央法規出版, ISBN:9784805844175,
    (3,500円(税抜き))
<授業計画の概要>
1   障害の概念(1):歴史的視点からの理解
2   障害の概念(2):制度的視点からの理解
3   障害児に対する支援・指導の基本的理解
4   障害の理解(1):感覚障害の理解
5   障害の理解(2):身体障害の理解
6   障害の理解(3):知的障害の理解
7   障害の理解(4):自閉症スペクトラム障害の理解
8   障害の理解(5):学習障害・注意欠陥多動性障害の理解
9   障害の理解(6):言語障害の理解
11  障害の理解(7):病・虚弱の理解
12  障害の理解(8):重度・重複障害の理解
13  特別支援教育の理解(1):乳幼児期の教育的支援
14  特別支援教育の理解(2):卒業期・移行期の教育的支援
15  学習の総括