山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 地理歴史科教育法
時間割番号 EEC339
担当教員名 服部 一秀
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
高等学校の地理歴史科教育に関する科目。高等学校における地理歴史科教育実践のための基礎を育むべく、地理歴史科の使命、成立・展開、目標、教科課程、授業構成、学習指導、評価などについて取り扱い、高等学校地理歴史科教育の見方考え方を修得させる。
<到達目標>
・高等学校地理歴史科の使命、成立・展開、目標、教科課程、授業構成、学習指導、評価などについて理解し、それらの概要を解説することができる。
・高等学校地理歴史科の実際の教育実践を分析検討し、具体的な改善プランを作成することができる。
・高等学校の地理歴史科教育をめぐる論点について理論的具体的に考察し議論することができる。
<授業の方法>
講義・演習形式で行う。 適宜、ペア活動、グループ活動、発表・討論などを取り入れる。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 50  %授業内容の理解・応用 
2受講態度 20  %積極的参加、学修の振り返り 
3発表/表現等 30  %発表・討論などによる探究 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
高等学校教員免許状(地理歴史)を取得するための科目です。なお、出席が2/3に達しない受講生は自動的に単位不認定となりますので注意してください。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 社会認識教育学会, 地理歴史科教育, 学術図書出版社, ISBN:978-4-7806-0179-4
<授業計画の概要>
1.地理歴史科教育の教科論
2.地理教育・歴史教育の歴史
3.地理歴史科教育の目標論
4.地理歴史科教育の内容構成論
5.地理教育の内容構成(1)
6.地理教育の内容構成(2)
7.日本史教育の内容構成(1)
8.日本史教育の内容構成(2)
9.世界史教育の内容構成(1)
10.世界史教育の内容構成(2)
11.地理歴史科教育の指導計画(1)
12.地理歴史科教育の指導計画(2)
13.地理歴史科教育の指導計画(3)
14.地理歴史科教育の評価論
15.まとめ