山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 中等家庭科教育法第一
時間割番号 EEC275
担当教員名 土屋 みさと/山本 裕子
開講学期・曜日・時限 前期・木・V 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
本授業は、中等教育における現代家庭科の教科論及びカリキュラムについて、戦後の変遷を踏まえながら、目標・内容、指導方法、評価等について概説するものである。また、家庭生活を取り巻く諸課題と家庭科教育との関係性を考察することにより、その意義や役割について検討する。あわせて実地指導講師による講義を行う。
<到達目標>
1.中等教育における現代家庭科の教科としての特質を理解する。
2.中学校家庭科学習指導要領の内容を把握する。
3.中学校における家庭科学習の現状を知り、学習指導に生かそうとする。
<授業の方法>
講義形式。適宜、ビデオ視聴や演習、討議などを取り入れる。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %講義内容を理解し、さらに独自の視点をもって発展させた内容であるかを評価する。 
2受講態度 30  %3/4以上の出席が単位取得の条件となる。全授業出席の場合30点とする。 
3発表/表現等 20  %適切な場面での質問、発言および発表を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
実地指導講師による授業の日程は、決まり次第、連絡をします。
<テキスト>
  1. 佐藤文子・川上雅子 共著, 家庭科教育法 改訂版, 高陵社書店, ISBN:978-4-7711-0980-3,
    (2000円+税)

  2. 文部科学省, 中学校学習指導要領解説 技術・家庭編, 教育図書, ISBN:9784877302344,
    (82円)
<参考書>
  1. 鶴田敦子・伊藤葉子編著, 授業力UP 家庭科の授業[第2版], 日本標準, ISBN:978-4-8208-0416-1,
    (2000円+税)

  2. 堀内かおる, 家庭科教育を学ぶ人のために, 世界思想社, ISBN:978-4-7907-1597-9,
    (2000円+税)
<授業計画の概要>
第1回   オリエンテーション
第2回   小学校家庭科の内容1
第3回   小学校家庭科の内容2
第4回   中学校学習指導要領の分析、発表1
第5回   中学校学習指導要領の分析、発表2
第6回   中学校学習指導要領の分析、発表3
第7回   高等学校学習指導要領、意思決定、ホームプロジェクト1
第8回  高等学校学習指導要領、意思決定、ホームプロジェクト2
第9回   意思決定(Decision Tree)、適切な情報選択
第10回   教科書分析、発表1
第11回   教科書分析、発表2
第12回 教科書分析、発表3
第13回   年間指導計画案
第14回   実地指導講師による講義
第15回   評価:総括・まとめ