山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 美術科教育法総論II
時間割番号 EEC268
担当教員名 新野 貴則
開講学期・曜日・時限 後期・月・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
美術教育のカリキュラム開発の考え方と方法について概説し、学習指導・評価計画の作成を行う。
<到達目標>
美術の学習指導要領、指導要録の仕組みとその考え方について理解するとともに、学習指導・評価計画を作成できるようになること。
<授業の方法>
講義及び演習
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %学習指導・評価計画の作成を課題とする 
2受講態度 50  %2/3以上の出席が単位取得の不可欠条件 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
この授業は、美術科教育法総論1の受講を前提に計画しています。
<テキスト>
  1. 文部科学省, 中学校学習指導要領解説 美術編, 日本文教出版, ISBN:978-4536590037
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1. ガイダンス
2. 美術科における題材開発
3. 題材設定と材料・用具の検討(1)
4. 題材設定と材料・用具の検討(2)
5. 題材設定と材料・用具の検討(3)
6. 題材設定と材料・用具の検討(4)
7. 学習指導案の作成(1)
8. 学習指導案の作成(2)
9. 学習指導案の作成(3)
10.学習指導案の作成(4)
11.学習指導案の作成(5)
12.学習指導案の作成(6)
13.年間指導計画の作成(1)
14.年間指導計画の作成(2)
15.まとめ