山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 美術科教育法総論I
時間割番号 EEC267
担当教員名 新野 貴則
開講学期・曜日・時限 前期・月・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
美術教育における理念、考え方等について考察する。
<到達目標>
美術教育における学びの意義、学びの論理について理解し、考察を展開することができる。
<授業の方法>
講義
発表及び討議
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 40  %授業内容の理解力、課題追究力 
2受講態度 40  %2/3以上の出席が単位取得の不可欠条件 
3発表/表現等 20  %課題についての丁寧な考察、討議への積極的な参加 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
(未登録)
<テキスト>
  1. 文部科学省, 中学校学習指導要領解説 美術編, 日本文教出版, ISBN:978-4536590037
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1. ガイダンス
2. 美術科における学びの意味(1)
3. 美術科における学びの意味(2)
4. 美術科における学びの意味(3)
5. 美術科の学習指導要領及び生徒指導要録の変遷
6. 美術科の学習指導要領の構造
7. 美術科の生徒指導要録の構造
8. 美術科で育む資質や能力
9. 子どもの作品の分析(1)
10.子どもの作品の分析(2)
11.美術科の授業の構造
12.美術科の授業の実際(1)
13.美術科の授業の実際(2)
14.指導と評価の一体化
15.まとめ