山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 音楽科教育研究I
時間割番号 EEC265
担当教員名 藤原 嘉文
開講学期・曜日・時限 前期・木・III 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
音楽科教育における諸分野のうち、特に創作指導を中心に研究する。教材研究を中心に、即興伴奏、楽器法、スコアリーディング、編曲、様式研究等教育現場で必要な能力を身につけることを目標とする。同時に教員採用試験の音楽筆記試験問題の研究も行なう。
<到達目標>
音楽教育現場で必要な専門実技能力(音楽理論分野)を総合的にマスターする。
<授業の方法>
スコア研究、実習と試演、発表。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 40  %提出課題における理解度、表現力、発想力、応用力、楽譜表記の状態。 
2受講態度 30  %実習の状況。 
3発表/表現等 30  %音楽総合能力、表現力。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
段階を追ってマスターしてゆく授業であるので、できるだけ欠席しないように望む。
<テキスト>
  1. 中島克磨, スコア・リーディングを始める前に, ドレミ楽譜出版社, ISBN:4810899322
<参考書>
  1. 音楽通論, 教育芸術社, ISBN:4905700426
  2. 音楽史(作曲家とその作品), 教育芸術社, ISBN:4905700388
  3. 21世紀の音楽入門 1, 教育芸術社, ISBN:4877881719
  4. 21世紀の音楽入門 2, 教育芸術社, ISBN:4877881794
  5. 島岡譲 他, 総合和声, 音楽之友社, ISBN:4276102332
<授業計画の概要>
1.オリエンテーション
2.ハ音記号読譜練習1
3.ハ音記号読譜練習2
4.弾き歌い実習
5.楽器法1
6.楽器法2
7.移調楽器スコア作成実習
8.オーケストラスコア研究1
9.オーケストラスコア研究2
10.移調楽器と編曲課題実習1
11.移調楽器と編曲課題実習2
12.多様な音楽事象の鑑賞(音源、映像など)1
13.多様な音楽事象の鑑賞(音源、映像など)2
14.多様な音楽事象の鑑賞(音源、映像など)3
15.まとめ
学生の能力と関心により、上記授業計画の進度や順を変更することがある。