山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 中等数学科教育法II
時間割番号 EEC257
担当教員名 清水 宏幸/井上  透
開講学期・曜日・時限 後期・水・II 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
中等数学科教育の内容の価値を把握したうえで,その内容に関する授業を想定し,指導案を作成するとともに,実際の生徒を想定しながら,模擬授業を行う。また,模擬授業の後,討議を行い,内容の理解,学習指導の理解を深める。
<到達目標>
・中学校学習指導要領の内容を把握することができる。
・中学校における指導内容に関する数学的背景と生徒の発達段階についての理解することができる。
・具体的な授業について指導細案を作成することができる。
・生徒の能力を高める授業をすることができる。
<授業の方法>
具体的な課題に取り組んだり,模擬授業の場面設定をしたりしながら、学校現場と一体化した展開をしていく。また、各自が独自の指導計画と指導細案の作成を目指す。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 40  %独創性,分析力,表現力 
2受講態度 30  %積極性,質問力 
3発表/表現等 30  %発表力,表現力,授業力 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
中等数学科教育法1を受講していることが前提である。
<テキスト>
  1. 文部科学省, 中学校学習指導要領 解説 数学編, 教育出版, ISBN:978-4-316-30010-8
  2. 藤井斉亮茂他, 新しい数学1・2・3 (教科書), 東京書籍
  3. 共著, 数学科教育 中学・高校, 学文社, ISBN:4-7620-0838-9
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.オリエンテーション
2.授業づくりと模擬授業(1):グループ活動
3.授業づくりと模擬授業(2):グループ活動
4.授業づくりと模擬授業(3):グループ活動
5.「正負の数」の授業づくりと模擬授業
6.「文字と式」の授業づくりと模擬授業
7.「方程式」の授業づくりと模擬授業
8.「比例と反比例」の授業づくりと模擬授業
9.「平面図形」の授業づくりと模擬授業
10.「空間図形」の授業づくりと模擬授業
11.「連立方程式」の授業づくりと模擬授業
12.「一次関数」の授業づくりと模擬授業
13.「平行と合同」の授業づくりと模擬授業
14.「平方根」の授業づくりと模擬授業
15.総括的評価とまとめ