山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 中等国語科教育法I
時間割番号 EEC245
担当教員名 齋藤 知也/平井 規夫
開講学期・曜日・時限 前期・火・IV 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
中学校・高等学校の国語科教育の課題と方法について検討する。講義を中心とするが、演習・模擬授業形式も取り入れる。教材研究、授業づくりの方法を実践的に学んでいくことを目指している。
<到達目標>
国語科教育の課題を把握すること。
教材研究法と指導法を習得させること。
<授業の方法>
講義と演習。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 50  %毎時間の課題に対する学習と最終課題の取り組み。 
2受講態度 50  %ただ出席するだけでなく、授業中での「読むこと」、「書くこと」、「話すこと」、「書くこと」の自覚的学習。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
この授業は中学・高校の国語科教免の必修科目となっている。
教師を目指すものとして、まず自分自身が言葉に注目する力を身につけることが、大切である。
毎回の授業に積極的に参加することがその第一歩である。教師として生きていくことに役立つ授業をめざしたい。この授業を履修し、教職を目指す者は、齋藤担当の国語科実践史演習、国語科授業開発演習を履修する事を勧める。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
  1. 全国大学国語教育学会, 中学校・高等学校 国語科教育研究, 学芸図書, ISBN:978-4-7616-0424-0
  2. 須貝千里・田中実, 文学が教育にできることー「読むこと」の秘鑰, 教育出版, ISBN:978-4-316-80325-8
  3. 齋藤知也, 教室でひらかれる〈語り〉―文学教育の根拠を求めて, 教育出版, ISBN:978-4-316-80235-0
<授業計画の概要>
1.国語科学習指導要領の概説
2.「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」の教材研究
3.「話すこと・聞くこと」の教材研究
4.「書くこと」の教材研究
5.「読むこと」の教材研究(文学的文章)
6.「読むこと」の教材研究(説明的文章)
7.学習指導案の書き方
8.「伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項」の指導方法
9.「話すこと・聞くこと」の指導方法
10.「書くこと」の指導方法
11.「読むこと」の指導方法(文学的文章)
12.「読むこと」の指導方法(説明的文章)
13.模擬授業
14.模擬授業
15.模擬授業
原則として一人一回は模擬授業をすること。
先輩の実習の研究授業に見学参加すること。