山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 授業分析論
時間割番号 EEC232
担当教員名 成田 雅博/田中 武夫/志村 結美/佐藤  博/新野 貴則
開講学期・曜日・時限 後期・金・I 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
4人程度のグループごとに,附属幼稚園・小学校・中学校における教育実習生の研究授業ビデオ映像や学習指導案,教材等を対象に授業分析を行う。8グループ程度が出席するクラスごとに,授業研究カンファランスを行い,グループによる発表,クラス内での意見交換を行う。さらに,すべてのクラスが一同に会し,全体授業研究カンファランスを行う。同一授業を分析したグループによる異なる授業分析結果の比較やディスカッションをとおして,授業を見る目を養い,授業分析の技法を修得する。
<到達目標>
・授業改善の方法に関する知識を修得する。
・初歩的な授業分析に必要な技法を修得し,あわせて教育の方法及び技術および教材開発・評価に関する実践的力量形成をうながす。
・授業を記述し,他者に伝える能力を育成する。
<授業の方法>
・最初の2回は講義を行う。
・次の11回は5クラスに分かれ,クラス内で4人程度のグループで授業分析作業やクラス内授業カンファランスを行う。
・最後の2回は,5クラス合同で全体授業カンファランスを行い,同一授業を分析した他のグループを中心に意見交換・討論を行う。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 30  %授業記述力・授業分析力 
2受講態度 40  %授業分析作業およびカンファランスのための資料準備への貢献 
3発表/表現等 30  %PowerPointスライド等の資料の表現力・発表における表現力・質疑応答の適切性 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
1.この科目の履修申告・受講のための要件は以下のとおりです。
・前期の「教育課程臨床論」を単位取得しているか,後期の「教育課程と学力形
成」を履修申告すること。
2.「授業分析論」では欠席が多いと単位修得できませんし,授業の目標を達成することも困難になります。
<テキスト>
  1. 稲垣忠彦・佐藤学, 授業研究入門, 岩波書店, ISBN:4000039482
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
第1回:授業の概要・グループメンバー及び分析対象授業の決定・e-Learningの使い方
第2回:授業記録・授業分析・授業研究概論(講義)
第3回:授業ビデオの分析方法・授業分析の視点・教材の活用の実際(講義)
第4回:授業ビデオ全体視聴による授業分析の視点の抽出(演習)
第5回:授業カンファランス発表資料(PowerPointスライド)のアウトラインの作成(演習)
第6回:授業カンファランス発表資料(PowerPointスライド)の各スライドの作成(演習)
第7回:授業カンファランス発表資料(PowerPointスライド)の修正・仕上げ(演習)
第8回:授業カンファランスで発表する授業場面の抽出(演習)
第9回:授業カンファランスで発表する授業ビデオクリップの編集(演習)
第10回:クラスごとの授業研究カンファランス(グループ1〜3による発表・意見交換)
第11回:クラスごと授業研究カンファランス(グループ4〜6による発表・意見交換)
第12回:クラスごと授業研究カンファランス(グループ7〜8による発表・意見交換)及びクラスごとのカンファランスに関する振り返り・クラスごとの活動のまとめ
第13回:5クラス合同の全体授業研究カンファランス(1組〜3組による発表・意見交換)
第14回:5クラス合同の授業研究カンファランス(4組〜5組)による発表・意見交換)全体カンファランスに関する振り返り
第15回:総括的評価