山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 社会科内容論
時間割番号 EEC161
担当教員名 大隅 清陽/佐藤 一郎/尾藤 章雄/宇多 賢治郎/皆川 卓/森元 拓/鈴木 健之
開講学期・曜日・時限 前期・月・V 単位数 2
<対象学生>
(未登録)
<授業の目的および概要>
社会科の教育内容を構成する6分野7名の教員がオムニバス形式で講義を行い、社会科の教材研究、教育のあり方などについての諸問題を考察する。各分野の概要は次の通りである。
(地理学)小、中学校の学習指導要領をもとに、地理的な見方・考え方がどのように教授され、相互に連携が図られているかを理解する。
(歴史学)義務教育で歴史を学ぶことの意味について考え、また、歴史を学ぶ意味を考えるための授業づくりについて、具体的な教材内容を例にとって考える。
(哲学・倫理学)好むと好まざるとにかかわらず、人の間で生きていかなければならないのが、人間だれにも課せられている条件であるので、人と人のかかわり、きずなをめぐって、児童・生徒でも考えられるような事柄を哲学・倫理学の視角から考察する。
(法学)社会のルールである法の基本的な考え方を理解することを目的とする。
(経済学)経済構造の概要を示した上で、それを小、中学生を対象とする授業でどのような説明が必要かを示す。
(社会学)社会学の視点から「環境問題」を小中学生にどのように教えるかその実例を示す。「社会」を「環境」との関わりにおいて理解することを目的とする。
<到達目標>
社会科の各分野の概要を理解し、小学校教員において必要な基礎的な知識を習得する。
<授業の方法>
6分野7名の教員による輪講形式。
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1小テスト/レポート 91  %各分野の内容の理解度を、小テストや課題レポートを課して評価する 
2受講態度 9  %受講時の積極性を評価する。 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
内容が多岐にわたり、また評価は7名の教員による小テストまたはレポートの積み重ねなので、受講に際しては、毎回の積極的な受講態度、主体的な取り組みが要求される。
<テキスト>
(未登録)
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
29年度は開講日最初にガイダンスを行い、各分野の教員が以下の日程でオムニバス形式で講義を行う。なお、教員の順序は入れ替わる可能性がある。

(1) 4/17(月) ガイダンス+社会科全体の話 [大隅]
(2) 4/24(月) (地理) [尾藤]
(3) 5/ 1(月) (地理) [尾藤]
(4) 5/ 8(月) (歴史) [大隅]
(5) 5/15(月) (歴史) [大隅]
(6) 5/22(月) (歴史) [皆川]
(7) 5/29(月) (歴史) [皆川]
(8) 6/ 5(月) (公民) [佐藤]
(9) 6/12(月) (公民) [佐藤]
(10) 6/19(月) (公民) [森元]
(11) 6/26(月) (公民) [森元]
(12) 7/ 3(月) (公民) [宇多]
(13) 7/10(月) (公民) [宇多]
(14) 7/24 (月) (公民)  [鈴木]
(15) 7/31 (月) (公民)  [鈴木]
※7月17日は祝日。