山梨大学電子シラバス>検索結果一覧>授業データ



授業科目名 初等家庭科教育法
時間割番号 EEC158 B
担当教員名 志村 結美/池田 理恵子
開講学期・曜日・時限 後期・火・I 単位数 2
<対象学生>
幼小・障・言語
<授業の目的および概要>
家庭科の教育論をふまえて、小学校家庭科の教科内容、指導方法等の基本的事項について、家庭科教育の指導者に必要な知識理解とともに実践的な技能・態度を培う。
<到達目標>
家庭科の意義・必要性を理解し、説明することができる。
小学校家庭科教育の指導内容と抱える課題を理解し、説明することができる。
小学校家庭科教育の指導内容に即した指導方法を認識し、教材研究を行うことができる。
<授業の方法>
講義、演習、実習等
<成績評価の方法>
No評価項目割合評価の観点
1試験:期末期 40  %講義、演習、実習内容の理解・認識度の評価 
2小テスト/レポート 35  %毎回の小課題、レポート数回、実習の評価 
3受講態度 25  %演習・実習等の参加意欲・態度の評価、出欠席は重視 
<受講に際して・学生へのメッセージ>
小物入れ製作実習を行うため、布、ボタン、裁縫セット等が必要になる。
<テキスト>
  1. 小学校学習指導要領解説 家庭編 平成20年8月, 東洋館出版社, ISBN:9784491023748
  2. 小学校 家庭科教科書 新しい家庭5・6, 東京書籍, ISBN:4487101352
<参考書>
(未登録)
<授業計画の概要>
1.オリエンテーション・家庭科教育の目標論
2.家庭科教育の目標論(自立と共生)             
3.小学校家庭科の内容構成と基礎知識
4.小学校家庭科の学習指導要領              
5.小学校家庭科の教育内容              
6.小学校家庭科教育の現状(実地指導講師池田理恵子先生の講義)
7.小物入れ製作の実習 第1回
8.小物入れ製作の実習 第2回
9.授業設計・授業評価
10.学習指導案の作成                  
11.マイクロティーチングの実施・評価 第1回
12. マイクロティーチングの実施・評価 第2回
13. マイクロティーチングの実施・評価 第3回
14. マイクロティーチングの実施・評価 第4回
15.総括評価・まとめ